体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“優秀なプレイヤー”から脱却するために――マネージャーとしての仕事習慣を身につけ、業務を円滑にする「アナログツール」の活用法とは?

マネージャーとなり、部下を持ったりチームを率いたりする立場になったとき、急に自身の働き方に疑問を抱いたり、悩み始める人は少なくありません。

「いくらやっても、仕事に終わりがない」「自分の時間が、全く取れない」「常に、ストレスにさらされている」…など。プレイヤー時代とは仕事のやり方を変える必要があるのに、なかなかそれができず、目の前に山積した仕事に翻弄されてしまうのです。

日本マイクロソフトで営業マネージャーを務めた経験のある田島弓子氏は、多忙を極めた自身のマネージャー経験から「プレイングマネジャーこそ、ノートや手帳、付箋などといったアナログツールを活用すべき」と説いています。「マイクロソフトの営業部長」という肩書からは、「最新のデバイスを駆使するデジタル強者」をイメージする人が多いと思われますが、同氏は「PCなどのデジタルツールは効率よくかつ一元的に仕事を処理するために必要不可欠ですが、加えてアナログツールを活用することで、マネージャーとしての仕事が10倍楽になる」と言います。

なぜ、アナログツールが必要なのか、どのように活用するのが効果的なのか。先ごろ同士がまとめた著書『プレイングマネジャーの戦略ノート術』の中から一部をご紹介します。

f:id:itorikoitoriko:20161118160933j:plain

「3つの原則」を守って、プレイングマネジャーの仕事習慣を身につける

プレイヤーからマネージャーになるとき、誰しもぶつかるのが「優秀なプレイヤーからの脱却」という課題。一人でいくら頑張っても、部下は育たず、チームとして結果を出すこともできない。「個人プレーではなくチームプレー」、「自分が動くのではなく周囲の力を引き出す」へ、働き方の変革が求められる。

とはいえ、優秀なプレイヤーだった人ほど、なかなか目標達成できない状況が続くと、どうしても自分が動きたくなってしまうもの。そんなとき、田島氏は「アナログツールを使って仕事習慣を変えること」を勧めている。

まず、優秀なプレイングマネジャーの仕事習慣を身につけるために、著者は以下の「3つの原則」を守ることが必須としている。

① スケジュールには、意図的に「余白」を作る

突発的な事故や部下のトラブルにすぐに対応できるよう、手帳にしてもカレンダーにしても、「意識的に余白の時間を取る」ことを意識しよう。迅速に対応できるよう、余裕を持って。

② 常に「全体像」と「現在地」を把握する

プレイングマネジャーにとって大事なのは「俯瞰する力」。先を見ながら次の一手を繰り出し、複数の仕事を同時進行でヌケモレなく進めるには、全体像を一覧できるツールが必要。

③ コミュニケーションに「ひと手間」かける

人を巻き込み、動かすためには、丁寧なコミュニケーションが重要。ただし時間をかける必要はなく、心を込めた「ほんのひと手間」でチームのパフォーマンスで最大化できる。

「3つの原則」を実現する、アナログツールの使い方とは?

f:id:itorikoitoriko:20161118160935j:plain

そして、この「3つの原則」を実現するために、以下のようなアナログツールの使い方をするといい、とアドバイスする。

① 手帳はスカスカ、ToDoリストは1週間単位で

予定を埋めすぎないことと、「毎日のToDoリスト」に余裕を持たせておくことがポイント。1週間のToDoリストは綿密に立て、その週の中で帳尻を合わせる。このように柔軟性を持たせることが大切。

なお、著者がマネージャー時代に愛用していたのは、180度にバタっと開ける、リング綴じのA5サイズのスケジュール帳。今週のページが見開きの状態でデスクの上に置いておき、誰でも自由に見られるようにして、部下に情報収集のためのリソースとして活用してもらうようにした。また、部下に見てほしい情報は確信犯的に書き込み、「魅せるマネジメント」を心がけた。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。