ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鎌倉・藤沢アートめぐりの旅。穴場でひとり、のんびり散歩できるルートです

DATE:
  • ガジェット通信を≫

芸術の秋ということもあり、今回は、鎌倉・藤沢へアート巡りの小旅行に行ってみました!

旅のしおり・鎌倉駅から出発・バスに揺られて鎌倉山へ・鎌倉画廊(Kamakura Gallery)で写真展鑑賞・昼ごはん・辻堂へ移動・藤沢アートスペースで若手作家の作品鑑賞

では、早速出発しましょう!

鎌倉画廊を目指す

多くの人で賑わう、鎌倉駅からバスに乗って出発! 鎌倉山停留所を目指します。車窓から、気になるスポットを探すのも楽しい。

約20分後、到着です!

バスの本数が多くないので、帰りのバスの時間を確認します。最初の目的地、鎌倉画廊はバス停からすぐそこ。

おしゃれな外観。

今日のお目当の一つ、石内都さんという女性写真家の個展が開催されています。詳しくは割愛しますが、子供の着物の背中に親がお守りを縫い付けたという風習を主題に、今に残る当時の着物の写真を鮮やかに撮っています。着物が好きで、小学生の頃に着付け教室に通っていた私にとっては胸に残るものがありました。

鎌倉画廊(Kamakura Gallery)神奈川県鎌倉市鎌倉山4-1-11 ※京浜急行バス鎌倉山停留所より徒歩すぐ営業時間:水-日 11時〜18時

石内 都 「命の衣 – 百徳と背守り」2016年11月5日 – 12月18日

公式HPはこちら


旅の醍醐味

バスの時間まで少しあるので、近くの道をぶらぶら。来る時に見つけて気になった雑貨屋さんに寄り道です。

こちらのハウスオブポタリーはヨーロッパのアンティーク雑貨を取り扱っているお店です。すごく可愛い……!

作家物のティーカップや、古いカトラリー、家具もありました。さて、お腹がすいてきた。この辺にレストランあるかな、と外に出ようとしたら……なんとこちらのお店の2階がカフェになっているではありませんか! 1階のショップが本当に可愛くて、もっと見たい! と思っていたので、2階にも期待が膨らみます。

予想を裏切らず可愛い!少し早い時間だったので、このスペースを貸切状態。

珍しい素敵なお皿や椅子を使ってお食事できるなんてうっとりです。

眺めの良いテラス席もありました。

注文したのはポークプレート。昆布ベースのスープにマスタードが効いて、とろとろの豚肉も美味しかったです!

食後にケーキとコーヒーor紅茶が付きます。カップが可愛い……!小麦粉アレルギーでケーキはいらないと伝えると、お会計でおまけしていただきました。ありがとうございます。行き当たりばったりランチは大成功。

ハウスオブポタリー鎌倉市鎌倉山3-17-25営業時間:10時〜18時公式HPはこちら


第二の目的地

バスに乗り、大船駅で鉄道に乗り換え、辻堂駅から次の目的地へ。

こちらのココテラス6階、藤沢市アートスペースでは、藤沢市に短期間、滞在して制作活動を行った若手作家の展覧会が行われていました。

あまり歳の遠くない、同時代を生きる人の作品からは本当にパワーをもらえます……!

寄り道

さらにこちらの施設には浮世絵館なるものもありました。

髪の毛の生え際などの、1ミリにも満たない細い線を手で彫出す技術と、鮮やかな色彩に驚きの連続です。手刷り体験や藤沢・江ノ島ゆかりの浮世絵の展示など、充実した内容で立ち寄った甲斐がありました!

ココテラス湘南神奈川県藤沢市辻堂神台二丁目2番2号6F 藤沢市アートスペース7F 藤沢市藤沢浮世絵館住  開館時間:7時〜23時電話番号 0466-34-3579公式HPはこちら

今日のプチ旅行はここまで。人とは違う鎌倉旅行を、あなたもぜひ!

植物が好きで。

植物が好きで、どこに行っても気になる植物ばかり撮ってしまいます。それも雑草が多め。今回も、たくさん写真撮ったな〜と思って家で確認したところ、鎌倉感ゼロの草の写真ばかり。パソコンの、植物写真ファイルがぶくぶく膨れていきます。

関連記事リンク(外部サイト)

横浜・工場夜景クルーズに参戦!カッコイイ写真は撮れるのか!?
名古屋駅のすぐ側に市場が!「柳橋中央市場」でプロに混じってお買い物してきた
「レオナール・フジタとモデルたち」を見て。今の日本にいてもお洒落なフジタ、かっこいい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。