体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東西文化の交差点!ウズベキスタンのおすすめ観光名所・料理・お土産まとめ

東西文化の交差点!ウズベキスタンのおすすめ観光名所・料理・お土産まとめ
Photo credit:Yuichi Kudo「ウズベキスタンの古都を巡る旅」

Photo credit:Yuichi Kudo「ウズベキスタンの古都を巡る旅」

こんにちは。Compathy Magazineライターの斎藤ゆかです。
ウズベキスタンは、ユーラシア大陸の中心に位置する、旧ソビエト連邦の共和国。古くはシルクロードの重要中継地として栄えた地域で、東西の文化が交差した美しい街並みは自然遺産や文化遺産にも登録されています。
そんなウズベキスタンには、中央アジア最古のイスラム建築が残る都市ブハラや、青の都と呼ばれる古都サマルカンドなど、歴史的な街並みが残る観光地がたくさん! またさまざまな文化の影響を受けたウズベキスタンの料理やお土産なども、多くの旅行者を惹きつけています。
今回は、ウズベキスタンの基本情報とおすすめの観光スポット・料理・お土産について紹介します。

ウズベキスタンってどんな場所?

Photo credit:Yuichi Kudo「ウズベキスタンの古都を巡る旅」

Photo credit:Yuichi Kudo「ウズベキスタンの古都を巡る旅」

世界遺産・美人!魅力溢れるウズベキスタン

ウズベキスタンは、旧ソ連圏内の中央アジアに位置する国。かつてはシルクロードの繁栄により、その重要拠点として多くの人々が行き交いしていました。東西文化の交差点であるウズベキスタンには歴史を感じる建造物や壮大な自然が広がる観光名所も多くあり、あわせて5つのスポットが世界文化・自然遺産に登録されています。

そんなウズベキスタンは、実は美人が住まう国としても有名です。地元女性のエキゾチックな顔立ちにモデルのような容姿は、色々な文化や人種の交わるウズベキスタン人ならではの姿かもしれませんね。

ウズベキスタン共和国
首都:タシュケント
政体:共和国大統領制
人口:約2,950万人
面積:44万7,400平方キロメートル(日本の約1.2倍)
言語・文字:ウズベク語 ※公用語はウズベク語ですが、ロシア語も広く使用されています。
通貨:スム(UZS)
宗教:イスラム教スンニ派(ウズベキスタンの主要宗教、人口の約90%がムスリム)
入国ビザ申請の有無:観光ビザ申請書を提出する必要があります。
日本との時差:-4時間 
国際電話番号:+998

 

柔道が盛ん?ウズベキスタン人と日本人の意外な共通点

今や国際的な競技スポーツであり、オリンピック種目としても定着している日本発祥の武道・柔道。中央アジアのウズベキスタンでも柔道やレスリングなどの格闘技が盛んで、過去のオリンピックでもメダリストを輩出しています。
遠く離れたウズベキスタンの地で、日本発祥の柔道が人気であることはどこか親近感が湧きますね。

ウズベキスタンの国旗の意味とは? 

Photo credit:Nicolas Raymond via flickr cc
1 2 3 4 5 6次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。