ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

横浜・工場夜景クルーズに参戦!カッコイイ写真は撮れるのか!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

工場夜景を見に、クルーズツアーに参加してきました!先に断っておくと、デートでロマンチックな雰囲気を期待したり、カッコイイ工場夜景の激写を狙ったりするなら、ちょっと予想外のツアーだと思います。(私は後者でしたが。)

意外とスリリングで、ハジけちゃうような夜のクルーズをレポートします!

いざ出港!

場所は横浜、みなとみらいの象の鼻桟橋からスタート。工場地帯をぐるっと一周して戻ってくる、約1時間半のツアーです。乗り込んだのは、小型の高速船。出航するとしばらくは横浜のイルミネーションを背に、暗闇の中を高速で突き進みます。吹き付ける向かい風、エンジン音と波しぶき、地上にはない独特の揺れ。

優雅なものではなくどちらかといえばアトラクションのようでしたがそれが楽しい! 他の船が横切って行くと、波が時間差でやってくるのですが、船が大きく揺れる揺れる! 立っている人は夜の海に振り落とされないように注意です!

お待ちかね工場地帯へ

やがてほの明るい工場群に近づいて行きます。空が広くて、他に高い建物がないため、海の上に工場が浮かんでいるかのよう。何やら独特の匂いがしてきますが……これは工場の排気の匂い。目を凝らしてよく見ると、高い煙突の先から、白い煙が出ているのを見ることができます。

オレンジ色の光を受けて浮かび上がるタンクの群れ。

何種類ものライトが使われ、デコラティブな印象の大きな工場。

この日は満月でした。白く輝くツーショット。


楽しいガイド付き

同行するガイドの方が、一つ一つのスポットをマイクで解説してくれます。この日は特に風が強く、マイクに声が入らないという。かぶっていた帽子も飛ばされてしまっていました!

私は揺れる船上でなんとかしていい写真を撮ろうと躍起になっていたのもあって、聞き流してしまいましたが……質問すればなんでも丁寧に教えてくれます。さらに防寒のためのブランケットを貸してくれるほか、とっておきの工場夜景を背景に集合写真も撮ってくれます!


写真のこと

ネットや写真集で見るような、工場夜景のカッコイイ写真を自分でも撮ってみたい……! そう思ってバシャバシャとシャッターを切ったのですが、バッチリ撮るのは至難の技です。なんせ船上。足元が絶えず揺れるので、手ブレどころか全身ブレは不可抗力です。しかも、夜景モードはシャッタースピードが遅いのですごいことになります。こんな感じ。

私が撮れた納得の写真も、10枚に1枚あるかないか。いろいろな設定を試しながらひたすら撮りまくるのみです!

おわりに

冬の海上は極寒となること間違いないですが、夜空が澄んでより美しい夜景が見られると思います。防寒フル装備で、全身で夜の船旅を味わってみてください!

今回参加したツアーはこちら 

はじめまして、こんにちは。

初めての投稿に戸惑いながらもなんとか書き上げました。そういえば工場夜景も夜のクルーズも、はじめましての経験でした。初めて何かをする。初めてどこかへ行く。誰かとはじめましてする。その経験って、たった一回きりなんですよね。先日、先輩に「初めて秋葉原に行って色々驚きました!」と話したら、「いいね、私も秋葉原に初めて行きたいよ」と言われました。もう二度と味わえない、初めて行ったからこその強烈な印象は忘れないでいたいです。

関連記事リンク(外部サイト)

名古屋駅のすぐ側に市場が!「柳橋中央市場」でプロに混じってお買い物してきた
「レオナール・フジタとモデルたち」を見て。今の日本にいてもお洒落なフジタ、かっこいい。
「ハリネズミカフェ」でハリネズミをひたすら愛でてきました!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。