ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おすすめはどれ?歯磨きは歯ブラシ選びにもこだわって!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おすすめはどれ?歯磨きは歯ブラシ選びにもこだわって!<br />

歯ブラシの種類はたくさんあって選ぶのに困りませんか?何を基準に選んだ良いのか分からないことも多く、なんとなく感覚で?好みのデザインや色で?選んでしまうこともあるでしょう。歯の健康のためには自分にあった歯ブラシ選びが大切です。

なぜ歯ブラシ選びが大切なの?

体の大きさが人それぞれ違うように、口の大きさ、また歯の大きさも十人十色です。しかも歯並びも人によってまちまち、皆が同一の歯ブラシで合うわけがないのです。歯ブラシを使う目的は、水だけでは落ちない歯にこびりついた汚れをブラシで取ることです。

歯と歯の間、または歯と歯肉の間に溜まった汚れはプラーク(歯垢/しこう)と呼ばれます。プラークの中には細菌が存在し、酵素や毒素を作りだしながら、歯と歯肉の間に入り込んでいきます。そうするうちに歯の根元から歯を溶かしてしまう、これが歯周病です。歯周病を防ぐためにも、早いうちに歯に付着したプラークを除去する必要があります。いかにして口の隅々まで行き届いた清掃できるか、そのためには自分の口にあった歯ブラシを選ぶことが重要です。

歯ブラシの選び方

歯ブラシ選びのポイントをあげてみましょう。

ヘッドの大きさ

歯ブラシのヘッドは小さめのものを選び、目安は指2本分です。ヘッドが小さい方が小回りがきき、歯の奥や裏にブラシが届きやすくなります。毛は縦3列にしっかり植毛されているものがおすすめです。

ヘッドの形

様々な形のものが売られていますが、まっすぐ平らに切りそろえられた形のものがよいでしょう。歯のどの部分にも届きやすい形だからです。

毛の硬さ

固すぎないものがよく、ふつうかやわらかいタイプがよいでしょう。固すぎる歯ブラシは歯茎を傷つけたり、知覚過敏の原因となる場合もあります。

柄の形

歯ブラシの柄はまっすぐな方が、歯の奥が磨きやすいです。

電動歯ブラシのほうが優れている!?

歯ブラシには電動ブラシもありますが、普通の歯ブラシとどちらが良いのでしょうか。基本的にはどちらが優れているということはありません。電動歯ブラシを使えば、必ず歯の隅々まで磨けるというわけではないのです。ブラシの届きにくい部分というのは電動歯ブラシでも同じことであり、問題はいかに時間をかけて歯ブラシを使いこなすことができるかなのです。好みに合わせてどちらを選んでもかまわないでしょう。

歯を磨くには歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシなど、他の道具も使うとより効果的です。せめて1日1回、たとえば夜寝る前にいつもより時間をかけて磨くようにすると、お口の健康が保てますよ。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP