体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

韓国旅行をおいしく楽しく!ソウル・釜山のおすすめグルメブログまとめ

韓国旅行をおいしく楽しく!ソウル・釜山のおすすめグルメブログまとめ
Photo credit:Hiromi Masuda「釜山での燃灯祭(ヨンドンフェ)[お釈迦様の誕生日のお祝い]を見るために1泊2日の弾丸旅行の記録」

Photo credit:Hiromi Masuda「釜山での燃灯祭(ヨンドンフェ)[お釈迦様の誕生日のお祝い]を見るために1泊2日の弾丸旅行の記録」

こんにちは。Compathy Magazineの斎藤ゆかです。
韓国は、日本からの旅行者も多く、東京から片道約3時間と身近に行ける海外として人気の観光地。街中でショッピングを楽しんだり、世界遺産などの歴史的な観光名所もたくさんあります。
そんな韓国ですが、定番の韓国料理や屋台のB級グルメなど、その食文化を体験するのも楽しみ方の1つ。韓国グルメを求めてソウルや釜山旅行を計画されている方は、実際に現地を旅した旅行者の旅行記ブログを読んで見てはいかがでしょうか? 旅行記ブログのなかにはグルメ情報はもちろん、その土地の雰囲気や観光名所も同時に知ることができます。
今回は、韓国の人気グルメとソウル・釜山のおすすめグルメ旅行記ブログついてご紹介します。体験者の生の感想が記された旅行記ブログを読んで、ぜひ韓国旅行の計画を建ててみましょう。

韓国のおすすめグルメランキング

1.キムチ

Photo credit:By Nagyman, a flickr user (http://www.flickr.com/photos/nagy/23219340/) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:By Nagyman, a flickr user (http://www.flickr.com/photos/nagy/23219340/) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

キムチは、白菜などの野菜と、塩、唐辛子、魚介塩辛、ニンニクなどの調味料を使用した、韓国を代表する漬物料理。もともとは厳寒期に備えた保存食でしたが、近年は健康的な発酵食品としても注目を集め、世界の5大健康食品にも選出されています。

キムチの数は200種類以上もあると言われており、ペチュキムチ(白菜)や、オイキムチ(キュウリ)、カクテキ(大根)などの野菜を用いたキムチや、生のイカやカキなどを白菜の葉で包んで漬けたポッサムキムチなど、さまざまなキムチを体験することができます。また単品で味わうほかにも、焼肉店での付け合わせや、豚肉と一緒に炒めた豚キムチや、キムチチゲなどの鍋料理の材料として用いられています。

2. 参鶏湯(サムゲタン)

Photo credit:Republic of Korea via flickr cc

Photo credit:Republic of Korea via flickr cc

参鶏湯(サムゲタン)は、若鶏のお腹にもち米や高麗人参、なつめ、栗、松の実、ニンニクなどを詰めて、長時間煮込んだ料理です。鶏肉は骨からほろっと剥がれるほど柔らかい食感が特徴で、鶏のダシが出たスープは食欲のない時でも食べやすい優しい味に仕上がっています。
韓国では、日本でいう土用の丑の日のように、夏バテや暑気払いで滋養食を食べる日”伏日(ポンナル)”の代表的なグルメとしても親しまれています。シンプルな調理法であっさりした味わいなので、時間を選ばずにさっと食べることができるのも魅力です。

3. サムギョプサル

Photo credit:By Hajime NAKANO [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:By Hajime NAKANO [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

サムギョプサルは豚のバラ肉を使った焼肉料理で、赤身と脂身が3層になっていることから”サム(三)ギョプ(層)サル(肉)”と呼ばれています。牛肉よりも豚肉が主流の韓国では、焼肉と言えばサムギョプサルというほどの圧倒的人気を誇るグルメです。サムギョプサルは豚のバラ肉をカリカリになるまで焼いてから、サンチュ(葉菜)にキムチやネギなどと一緒に包むのが韓国流の食べ方です。
また同じ焼肉にプルコギがあり、日本のすき焼きに似た味付けの焼肉として人気を集めています。韓国の焼肉店を訪れる際は、こちらもぜひ挑戦してみましょう。

4. トッポギ鍋

Photo credit:Hajime NAKANO via flickr cc
1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。