ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栄養満点“ケール”の効果が凄い インフルエンザウイルスを撃退する!?

  • ガジェット通信を≫


朝の情報番組で紹介され、大きな話題を呼んでいる「ケール」をみなさんはご存知でしょうか。 海外では栄養満点の野菜として人気があり、最新の研究結果ではインフルエンザウイルスに有効ではないかともいわれております。 そこで今回は「ケール」の効果効能、最新研究結果、そして美味しい食べ方について、医師に解説をしていただきました。

ケールとは

ヨーロッパ原産のアブラナ科の野菜であり、非常に栄養素に富むことで知られています。 食物繊維やカルシウム、ルテイン、ベータカロテンなどが非常に豊富に含まれるうえ、うれしい肥満を抑える効果も期待できます。 また、結球せず、一年中栽培できるという特徴もあります。

ケールの栄養成分

◎カルシウム 骨や歯を丈夫に保つために大切なカルシウムがケールには豊富に含まれます。
◎ルテイン 目の健康の維持に役立ちます。
◎ベータカロテン ものを見るのに必要な目に存在する物質であるロドプシンの生成を促す、目の健康に重要な物質です。
◎食物繊維 便通を改善し、腸内環境を整えてくれる役割を持ちます。
◎メラトニン 眠りを改善する働きのある物質です。

ケールの効果効能

目の状態を良く保つ

紫外線から目を守ってくれるルテインや、目の健康に必要なベータカロチンによって、目の状態を良く保ってくれます。

便秘を改善する

食物繊維などの働きにより、お通じを改善し、腸内環境をきれいにしてくれます。

活性酸素の抑制

ビタミンEは体内の活性化酸素を体外に排出する働きがあり、脂質の酸化を防いで血管を若々しく保ってくれます。

美肌に役立つ

豊富なビタミン類によりお肌の状態を整えてくれます。

糖尿病予防

ケールの豊富な食物繊維によって血糖値の急激な上昇を防ぐことができ、糖尿病を防ぐことが出来ます。

ケールは生より茹でる方が良い理由

ケールの特徴の1つである脂肪の吸収を抑制させるためには、生よりも60℃から70℃で10分以内程度加熱したほうが良いと考えられています。 ただし、100℃以上で3分以上加熱するのは、かえって効果を減弱させてしまいますので注意しましょう。

最新研究結果1:ケールが食後血糖値の上昇を抑える

血糖値が高めの人を対象にした研究で、ケールの粉末7g以上を摂取することによって、ケールの食物繊維が人間の腸内の食べ物に粘度を与え、糖の吸収を抑えて、食後血糖値の上昇を抑えてくれることがわかったという研究結果が発表されています。

最新研究結果2:ケールがインフルエンザを撃退

ケールの継続的な摂取によって、インフルエンザなどのウイルスを撃退するのに重要なNK細胞が活性化することが研究によって判明しました。

最新研究結果3:ケール青汁が老化防止

ケールの青汁を1年以上継続した群に、筋肉やホルモン、骨や神経などの情報をもとに老化度判定テストを行い、同条件の集団と比べたところ、筋肉と神経の年齢、また中性脂肪や血糖値が低いという結果が出ました。

ケールのオススメの食べ方

◎みそ汁 ◎ベーコンなどと一緒にソテーする ◎ニラなどの代わりに餃子の具として用いる

医師から一言

ケールは日本では耳新しい野菜ですが、米国などでは栄養価の高い野菜としてずいぶん広く認知されてきている野菜です。 ケールチップスやスープに使う方法など、調理法もいろいろあるようですので、新しい野菜のオプションとしてぜひ食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

【2016-2017年】インフルエンザ流行速報!予防接種はいつ受ける?
体調不良はビタミンの欠乏かも あなたに必要なビタミン早見表
【新発見】マイタケがインフルエンザ予防に!気になる栄養&効果

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP