ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パトカーの危険度は赤色灯の形状で見分けられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どれも同じに見える白黒パトカーには2種類あって、交通取り締まりの危険度が違っています。それが、幹線道路などで交通取り締まりを行う「交通パトカー」と、街中を巡回して犯罪の芽を見つけ出す「警らパトカー」です。パトカーの危険度とその見分け方について見ていきましょう。

パトカーは同じ車種でも中身が違う

高度な運転技能を必要とする追尾式のスピード取り締まりは、速度を正確に計測できる車両や乗員は限定されてきます。瞬時にパトカーを判別できれば、交通取り締まりを回避できるのです。

パトカーはたとえ同じ車種であっても中身はまったく違います。例えばトヨタの200系クラウンでも、交通パトカーは3,000ccのハイパワーモデルで足元もしっかり。250馬力オーバーの加速で接近・追尾されると発見が遅れてしまいます。

一方、警らパトカーの200系クラウンはエンジンが廉価版の2,500cc。それなりに排気量で加速はするものの、乗員に追尾・スピード測定の技量がないため、追尾取り締まりは不得意。その分、信号無視や通行区分違反などで猛威をふるいます。

パトカーを見分けるポイントは赤色灯

交通パトカーと警らパトカーの見分けるポイントは、赤色灯の形状です。警らパトカーの象徴ともいえるのが赤色灯昇降装置になります。ルーフ上の白いボックスにはアームが収納されているのです。

赤色灯を高く上げて遠方からの視認性を高めて、停車中のパトカーへの追突事故を防止するのが目的。一方の交通パトカーは、空力特性やトップヘビーの重量バランスを考えてか、散光式赤色灯はルーフに直接載っています。

後方からの視認性を考慮していないのは、交通パトカーは違反車を安全な場所へ誘導して停車させるため。高速道路ではパーキングエリアなどへ引き込んでキップ処理を行います。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP