ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ハイレゾ音源大賞】11月候補作にオーガ/ディラン/ジェフ・ベック/KOKIA

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 「e-onkyomusic」「mora~WALKMANR公式ミュージックストア~」「OTOTOY」「VICTOR STUDIO HD-Music.」という4つのハイレゾ音源配信サイトが連動で開催している企画【ハイレゾ音源大賞】。その11月度推薦作品が発表された。

 ハイレゾ音源とは、従来のCDを超える情報量を持つ高音質音源。【ハイレゾ音源大賞】はそんなハイレゾ音源の魅力を伝えるべく2016年9月度より開催。候補作の中からその時毎のセレクターが大賞作品を決定する。

 第1回の9月度には、坂本龍一がセレクターとなり、ロバート・グラスパー・エクスペリメントの『アートサイエンス』が大賞受賞。第2回の10月度には、ナタリー前編集長の大山卓也がセレクターとなり、フィッシュマンズの『Neo Yankees’ Holiday』が大賞を受賞した。

 今回の候補作は4作品で、OTOTOY推薦のOGRE YOU ASSHOLE『ハンドルを放す前に』、VICTOR STUDIO HD-Music.推薦のKOKIA『Watching from Above Vol.1&2』、e-onkyo Music推薦のボブ・ディラン『The Real Royal Albert Hall 1966 Conce』、mora推薦のジェフ・ベック『ワイアード』がノミネート。

 大賞は11月25日に発表となる。果たして誰がセレクターとなり、どの作品が大賞を受賞するのか。続報にも注目したい。

◎2016年11月度ハイレゾ音源大賞候補作品

【OTOTOY推薦作品】
OGRE YOU ASSHOLE『ハンドルを放す前に』(48kHz/ 24bit)
2016/11/9 RELEASE
Pヴァイン・レコード
URL:http://ototoy.jp/_/default/p/67556
<推薦コメント>
2016年本命遂に登場!唯一無二の存在感を放つサウンドを送り出す、インディ・ロック・シーンの雄、OGRE YOU ASSHOLE。このたび2年ぶりの最新作『ハンドルを話す前に』をハイレゾ版でリリース。レコーディングは、PEACE MUSICにて、名エンジニア中村宗一郎によって。クラウトロックやポストロック、ソフトロックなどなどさまざまな要素が溶け合うあらたなサイケデリック・ポップスのスタンダード。音の隙間や響きまで、その表現としてぜひともハイレゾでお楽しみください

【VICTOR STUDIO HD-Music.推薦作品】
KOKIA『Watching from Above Vol.1&2』(192kHz/24bit)
2016/11/4 RELEASE
Victor Entertainment
URL:http://hd-music.info/m/rd.cgi/ha
<推薦コメント>
KOKIAは、「ボーダーレスな歌声」と呼ばれる変幻自在なその歌声でヨーロッパやアジアなど世界でも高い評価を得ているミュージシャン。本作は、KOKIA自身がリスペクトする楽曲のカバーに、書き下ろしの新曲1曲を加えた、透明感あふれるアコースティックアレンジによるジャズの名曲カバーアルバムです。特筆すべきは、本作の制作にあたって、ビクタースタジオが全面的にバックアップしているということ。録音には、ナチュラルなアンビエンスで定評のある301スタジオを使用、スタジオのチーフエンジニアがレコーディングからミックスダウン、マスタリングまでの工程を192kHz/24bit以上のフォーマットで手掛けたハイレベルなハイレゾ作品となっています。ハイレゾ音源ならではの歌の表現力と生演奏のニュアンスをお楽しみください。

【e-onkyo Music 推薦作品】
Bob Dylan『The Real Royal Albert Hall 1966 Concert (Live)」(96kHz/24bit)
2016/11/23 RELEASE
Columbia/Sony Music
<推薦コメント>
Bob Dylanがノーベル文学賞を受賞した2016年、それに呼応するように発売されるのがこの作品。50年前の1966年5月26日、当時25歳のBob Dylanによる英ロイヤル・アルバート・ホールのライブ・パフォーマンスを収録した作品です。これまでマンチェスター公演が誤って『ロイヤル・アルバート・ホール』とされていましたが、CBSレコードがライブ・アルバム制作のために正式録音していた音源が初めてリリースされました。50年前とは思えないクリアな録音は特筆に値するでしょう。若き日のBob Dylanがハイレゾで現代に蘇ります。

【mora 推薦作品】
Jeff Beck『Wired』(96kHz/ 24bit)
2016/11/2 RELEASE
Epic/ Sony Music
<推薦コメント>
moraが2016年11月度の作品として推薦するのは、ギター・インストの金字塔作品である75年の『ブロウ・バイ・ブロウ』と並び称される名盤として、特に日本での人気が高い76年発表のJeff Beck「Wired」のハイレゾ音源。ジェフベックは、弾きまくるアルバム、インストアルバム、フュージョンアルバム、テクノアルバムなど各アルバムによってギターのアプローチを変えるのが特徴だが、このアルバムでは「間」が味わえるギターに没頭して欲しい

◎ハイレゾ音源大賞
URL:http://hi-res-award.com

関連記事リンク(外部サイト)

クーラ・シェイカー、デビュー20周年記念した限定3枚組アナログ盤BOXセットを12月に
ボブ・ディラン、「先約がある」とノーベル賞授賞式を欠席の意向
デヴィッド・ボウイ大回顧展のドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』再上映決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP