ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

塩分摂取量少ない人は脳卒中や心筋梗塞になりやすいとの調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高血圧とは、血圧が持続的に上昇した状態を指す。上が140mmHg以上、下が90mmHg以上ならば、高血圧と診断される基準となる。高血圧それ自体に自覚症状はないが、放置すれば動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞といった死に至る合併症を引き起こす。

 塩分を摂ると血圧は上がる、というのが通説だ。石原クリニック院長の石原結實・医師が解説する。

「塩分は体内に取り込まれると血液に運ばれる。すると、血中の塩分濃度を薄めるために血液内に水分を取り込むため、血液量が増えることで血圧が上昇します」

 そのため塩分の摂り過ぎは要注意といわれ続けてきた。しかし、塩分が血圧を短時間上昇させるのは間違いないが、その状態が持続する、「病気としての高血圧」となると話が変わる。

「体内の塩分量が一定になるように、摂取した塩分はほぼ同量が尿や汗となって排出されるので、健康な人が塩分を過剰に摂取しても一時的に血圧が上がるだけで済むのです」(石原氏)

 そもそも「塩分の過剰摂取が高血圧を招く」という説は1954年に米国のダール博士が初めて提唱した。今から半世紀以上前の理論だが、今も塩を高血圧の主犯とする“減塩推進派”の金科玉条とされる。

 ダール博士は日本の鹿児島と青森を含む世界5地域の食塩摂取量と高血圧発症率を調査。その結果、1日の塩分摂取量が14gの鹿児島の高血圧発症率が20%であるのに対し、28gの青森では40%だったことなどから、「塩分の摂り過ぎが高血圧に繋がる」と論じた。『塩の事典』の著者でソルト・サイエンス研究財団元専務理事の橋本壽夫氏はいう。

「わずか5地域を調査しただけな上に条件設定も曖昧だったために信頼性に乏しいという批判があり、賛否両論が巻き起こりました。しかし、これを契機に世界中の研究者が『塩分と高血圧の関係』を解明すべく調査に乗り出すことになったのです」

 調査が進むと、塩と高血圧に関連がないという調査結果も次々と発表された。

 1985年、米国のアルダーマンは約20万人の生活調査を行ない、イギリスの医学誌『ランセット』に発表。それによれば、調査対象となった1日の塩分摂取量が2~13gの人たちには、塩分と高血圧に相関関係はみられなかった。

 むしろ、塩分摂取量が最も少ないグループは脳卒中や心筋梗塞になりやすく、最も摂取量が多いグループ(8.94~12.80g)の脳卒中・心筋梗塞の有病率が一番低いという結果となっている。

 1988年にはロンドン大学などが共同で32か国の約1万人を対象に行なった「インターソルトスタディ」がある。

「これは世界で初めて、塩分と高血圧の関係を厳密に測定した大規模疫学調査でした」(前出・橋本氏)

 その結果、「調査対象者の大部分を占める1日の塩分摂取量が6~14gの人たちには、塩分摂取と高血圧に相関関係が見られなかった」ということが判明したのだ。

 一方で、同研究では「塩分摂取量が3g以下の人に高血圧はみられなかった」という結果も同時に出ている。

※週刊ポスト2016年11月25日号

【関連記事】
高血圧予防には若いうちから薄味で 塩分は1日3gで充分
英国は1日の塩分総摂取量を3gに引き下げ 日本は10g程度の状態
行政主導の本格的「減塩運動」もあって長野県が長寿1位に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP