ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根駅伝の見所 「大八木監督の新しい檄」「原監督の誤算」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年、優勝争いから遠ざかっていた早稲田大がトップに立ち、青学大を揺さぶるも大エース・一色恭志(4年)が逆転──例年以上のドラマがあった11月6日の全日本大学駅伝。その現場で「箱根の楽しみが増えた」と明かしたのは、駅伝情報満載のサイト・「EKIDEN NEWS」の“博士”こと西本武司氏だ。

●原監督の“誤算”と大八木監督の“新しい檄”

 監督たちのキャラが全日本では際立った。青学大の原晋・監督にはレース中、テレビ、ラジオの報道陣が密着。バス移動の最中でさえ、増田明美さんの現場レポートで発言がそのまま放送され手の内はダダ漏れ。4区で安藤悠哉(4年)が早大に突き放されると、原監督からクールさが消え、「追え!」と珍しく語気を強めた。

 一方、逃げる側の早稲田大学・相楽豊・監督は報道陣からノーマーク。リードを広げる展開に一瞬だけニヤリと笑う瞬間を撮影できて、私は満足だった。

 そして駒澤大・大八木弘明監督だ。「漢だろ!」の檄はあまりに有名だが、厳しいだけではない。学生駅伝デビューとなった片西景(2年)が中央学院大学の廣佳樹(2年)と並走して粘っているところでは「よっしゃ! いいぞ」と激励。これまでの褒める檄は〈“今日のお前は違う!”が定番〉(駒澤大OB・西澤佳洋のツイート)だったから、今度の箱根は大八木監督の檄の“新レパートリー”にも注目だ。

●「2人の凛太郎」対決

 全日本のメンバー表で気になったのは、早大1区の武田凛太郎(4年)と東海大5区の高田凛太郎(1年)の名前がそっくりなこと。武田は区間2位の好走、高田も1万m28分台を出した期待のルーキー。2人とも11月20日の上尾シティハーフに出走予定なので直接対決が楽しみだ。

 現場に足を運ぶほど、箱根の楽しみは無限に広がる。

※週刊ポスト2016年11月25日号

【関連記事】
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
高卒40代男性「一応受験したから」と箱根駅伝出場大学を応援
箱根の山に笑いの神降臨? 早稲田の「神ってる鈴木」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP