ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手のひらサイズの3Dプリンター「PocketMaker」が登場!価格も1万円ほど

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3Dプリンターは、もはや「遠い距離にある最先端技術」ではない。

野菜価格の高騰に頭を抱える一般大衆でも、3Dプリンターを自宅に置くことができる。それだけこの装置は「身近なもの」になりつつあるのだ。

ここ最近クラウドファンディングサイト『Indiegogo』に登場したのは、「片手に収まる3Dプリンター」である。

手のひらの万能生産工場

中国のスタートアップが開発した『PocketMaker』は、手軽に持ち運べる大きさの3Dプリンターとして話題になっている。

重量850g、一切の誇張なく片手で運べるそのサイズには、まさに無限の可能性が広がっている。たとえば、写真愛好家がレンズフードを欲している場合、自宅にいながらPocketMakerで生産してしまうことも可能だ。

専用アプリをスマートフォンでダウンロードし、自家生産したい製品をタップする。ユーザー側に高度な技術は必要ない。「誰しもが扱うことのできる家電製品」という側面が、このPocketMakerにはあるようだ。

定価は1万円程度

Indiegogoでのプロジェクトは、残り期限19日を残した状態で目標の62%の資金を集めている。成功するか失敗するかは微妙な線だが、それでも49ドル(約5,300円)の安売り販売枠は埋まってしまった。現在は定価の99ドル(約1万600円)での販売枠がある。

「夢の最新技術」だった3Dプリンターは電子レンジ以下の大きさになってしまった。特殊技能がなくても使用できる製品として、我々の自宅にも定着することだろう。

indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP