ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

経血過多は要注意! 子宮内膜症の基礎知識とセルフチェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

経血過多は要注意! 子宮内膜症の基礎知識とセルフチェック<br />

生理がある女性にとって、子宮内膜症は誰にでも起こり得る病気です。近年、この病気の患者は若い女性を中心に増え続けていて、発症年齢が低年齢化している傾向にあるそうです。不妊の原因ともなるので、一般的な生理痛か子宮内膜症によるものか把握し、治療しておく必要があるのです。

子宮内膜症ってどんな病気なの?

子宮内膜は子宮の内側を覆っている組織で、妊娠したときに赤ちゃんを守り育てるお布団のようなもの。排卵のために卵胞が発育してくると、女性ホルモンの影響で自然と子宮内膜も厚くなっていき、排卵時には1cmほどの厚さになり赤ちゃんを迎える準備をします。

しかし妊娠が成立しなかった場合、次の排卵と妊娠の準備のために子宮内膜は剥がれ落ちて生理が来るのです。このように、子宮内膜は子宮の内側に作られるものですが、何らかの理由で子宮外(卵管・卵巣・子宮周辺組織)に内膜ができてしまう病気が子宮内膜症です。

子宮外にできた内膜も子宮内と同じように増殖、剥離を繰り返すため、生理のもとがいくつもあるようなもの。出血も痛みも各部分で起こるため、経血が多くなったり生理痛が重くなるのです。卵巣内に内膜ができてしまうと、剥離の際の血液が溜まってチョコレート嚢胞という状態になります。

いますぐチェック!こんな症状があったら注意!

□生理痛がひどい
□生理時以外にも下腹部痛がある
□出血量が多い、生理が長い
□レバーのような塊が出る
□性交痛や排便痛がある
□不妊かもしれない

治療法は? 不妊の原因になるってホント?

子宮内膜が卵巣や卵管、子宮周辺組織にできることで、組織に癒着が起こり卵子の輸送障害をもたらします。卵子の質が悪くなったり、排卵が起こりにくくなり妊娠しにくくなることがあります。不妊症の約20%くらいが子宮内膜症によるものだといわれています。内診、超音波検査、MRI検査、血液検査などにより診断され、女性ホルモンをコントロールする薬や低用量ピルなどの投薬治療(完治はしないが症状が軽減される)、腹腔鏡手術や開腹手術によって癒着部分や病変組織を取る方法があります。

毎月の生理が重いと、行動が制限されて仕事やプライベートにも支障をきたします。これから妊娠を望む場合も、そうでない場合も見合った治療法があるので、心当たりがある人は婦人科を受診してみることをおすすめします。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP