ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬の風物詩、幻想的な横手の「かまくら」へ行きませんか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎年2月に秋田県横手市で開催されるかまくらの小正月伝統行事は、全国的にみちのくの冬の風物詩としても知られています。かまくらの中では、甘酒やおもち、お菓子などが振る舞われ、温まりながら雪国ならではの行事を堪能できます。今回は秋田県横手市のかまくらをご紹介します。

 

世の闇に浮かぶ幻想的な「かまくら」の風景

Photo by Chris Lewis

秋田県横手市で毎年2月に開催される雪まつり。このお祭りは、夜18時から始まり、世の闇に浮かぶかまくらの美しさを更に幻想的に引き立たせます。
■詳細情報
・名称:横手かまくら
・住所:横手市役所本庁舎前道路公園、横手公園、羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通り
・アクセス:各会場を巡回する巡回バスを運行
・営業時間:平成28年2月15日(月)〜16日(火) 18:00~21:00
・公式サイトURL:一般社団法人 横手市観光協会 横手市観光協会 – 横手の祭り・イベント – 横手の雪まつり

 

かまくらの中で温まろう

Photo by かずきち!

かまくらの中では甘酒や火鉢で焼いたおもちがふるまわれます。地元の人々が「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」と言う姿は風情があり、雪の中で体とともに心もほっこり温まります。

 

かまくらの歴史

Photo by Chris Lewis

「かまくら」はもともと、中にまつられた水神様にお賽銭を上げて、家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを祈願する行事でしたが、時代の変化とともに観光化が進んで現在のような形になったと言われています。

 

横手に行ったらB級グルメも忘れずに!

Photo by Hideyuki KAMON

横手に来たら、楽しめるのはかまくらだけではありません。なんと「横手やきそば」は第4回「B-1グランプリin横手」ではゴールドグランプリを獲得した、全国的に有名な焼きそばの町でもあるのです。

横手焼きそばは、太くて真っ直ぐな角麺(ゆで麺)を使用します。ウスターソースに各お店のオリジナルソースを加えることで辛みが抑えられ、付け合せとして、紅しょうがではなく福神漬けが付いてくることも特徴の一つです。

目玉焼きの黄身を崩して、ちょっと多めのソースと絡めて食べるのが横手流。子どもも大人も大好きな味です。

 

幻想的な情景とグルメを求めて

Photo by Shibuya246

雪国の風物詩、かまくらの中で甘酒と火鉢のおもちで体を温め、地元の人とのふれあいで心を温め、さらにグランプリを獲得した横手焼きそばでグルメを堪能できるという、言うことなしの秋田県横手市への冬旅。

横手市へのアクセスは秋田空港、いわて花巻空港から約1時間。鉄道だと東京から4〜5時間です。横手のかまくらとB級グルメで心も体もぽっかぽか体験してみませんか?

 

 

▽日本の絶景に興味がある人にオススメ

海外だけじゃない!絶対に見ておきたい、意外と知らない日本の絶景8選 

【完全保存版】日本に存在する18の世界遺産まとめ

▽東北地方に興味がある人にオススメ

【いざ、東北】ゴールデンウィークに行きたい東北の絶景5選

関連記事リンク(外部サイト)

アマゾン川を旅行すると、こんな世界が広がっていた
栃木観光で一度は見てほしい絶景6選
鳥肌すぎてごめんなさい。GoProが映した2015年ベスト動画はこれだ!
運気を上げる!見ると幸運になる7つのもの

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP