ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

材料はなんと1セントコイン!硬貨で埋め尽くされたフロアのデザインがカッコイイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近女子の間でも流行中のDIY。

自分好みにお部屋を模様替えできるのが魅力ですが、意外なアイテムを使ったDIYがアメリカに登場し、話題となっています。

・材料は全部アレ!

そのアイテムとは、1セント硬貨。

アメリカのTonya Toonersさんは、ベッドルームの床を小さな1セント硬貨で埋め尽くしてしまったんです!

驚きのDIYは、まず寸法を測ることからスタート。
染色を施して色の濃淡をつけた硬貨を1枚1枚フロアの中心から並べていきます。

接着剤を使って硬貨を地道に敷き詰めること約2か月。
最後に樹脂で仕上げ塗りを施すと…赤銅色に輝く幾何学模様のフロアが完成です!

・緻密すぎる配置に驚き!

コインの裏と表の列が交互に並ぶデザインをよくよく見れば、絵柄がきっちり同じ角度で並べられているという緻密さ。
その根気は脱帽ものです。

ちなみに、今回使用した1セント硬貨の総額は約150ドル(約1万5000円)。

1セントの価値が1ドルの100分の1であることを考えると、いかに膨大な数のコインが使われたかが分かります。
お金でできていることを意識した途端、足を踏み入れるのを躊躇してしまいそうですね!

imgur(Tonya Tooners)
https://imgur.com/user/TonyaTooners

・デザイン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP