ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界の料理技法を取り入れた新感覚の中国料理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国料理をベースに世界中の料理技法を取り入れた新ブランド『ニューモダンチャイニーズ チーナ 恵比寿本店』では、11月16日(水)より、黒毛和牛のメインディッシュを取り揃え、アラカルトメニューの提供をスタートした。

白を基調とした店内や存在感のある大理石のL字カウンター。エイジングしたコンクリートの壁面に、西洋や東洋をミックスしたアンティーク調の家具にシルバーステンレスのアクセントを加えたモダンテイストが融合する空間がコンセプトだ。

好きなものを少しずつ楽しめるチャイニーズタパス、黒毛和牛にこだわりぬいた極上のメインディッシュなど、独創的な料理の数々が厳選ワインとともに楽しめる。

メインのステーキは「厳選赤身の四川“ROCK”ステーキ」は5800円(3人~4人用)。

ほかにも「和牛骨付きカルビの湖南唐辛子煮込み」(4800円/3人~4人用)や、

「厳選赤身の極太”チンジャオロース”」(2800円)も食べごたえがありそうだ。

「イベリコ豚とフレッシュベリーの黒スブタ」(1800円)は今までにない酢豚の味わいが楽しめそうだ。

熟練のシェフがつくりだす、美と健康も意識した究極の一皿を、選び抜いたワインと一緒に味わい尽くそう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP