ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5年前の木村拓哉誕生日 東京ドームは温かい拍手であふれた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月13日は木村拓哉の44才の誕生日だった。SMAP解散までラスト1か月半。全国各地のレコードショップなどでは特別コーナーを設け木村を祝ったが、メンバーは静かにこの日を過ごした。

 そんななかファンが思い出すのは、5年前の木村のバースデー。普段、サプライズする側になることが多い木村だが、その日は違った──。

 2011年11月13日、東京ドーム。デビュー20周年を記念してファンに感謝したいとのことで『SMAP FaN×FuN PARTY 2011』が急遽行われた。オープニングの『SHAKE』から『がんばりましょう』『夜空ノムコウ』『Can’t Stop!! ─LOVING─』『世界に一つだけの花』『KANSHAして』まで一気に歌い上げた5人。MCが一段落したところで中居正広(44才)が切り出した。

「20周年のお祝いもありますが、今日はもう1つめでたいことがあるじゃありませんか!」

 会場からは「待ってました」と言わんばかりの大歓声が上がり、そのまま『Happy Birthday to You』を大合唱。ステージには熨斗をデザインした巨大なケーキが運ばれたが、木村はこれを見て苦笑。39本のろうそくが立っているかと思いきや、そこには1本のぶっとい金色のろうそくが悠然と立っていたから。

「ケーキのデザインが冠婚葬祭のイメージが濃い上に、ろうそくの存在感がハンパなくて、すっごくシュールでした(笑い)。でも木村くんはうれしそうだったな。たぶん、ファンの前であんなサプライズされたのは初めてだったんじゃないでしょうか。中居くんとかは8月生まれでライブと重なってお祝いすることが多いんですけどね」(ファン歴20年の女性・57才)

 そして火を消すとき──。

「じゃあ、せっかくなんで…ちょっとクサイかもしれないけれど、今日はこいつらと一緒にいるんで、5人で消したいと思います」

 そう言うと木村は、ぶっきらぼうにメンバーを指さした。前出のファンが続ける。

「オレンジ色のろうそくの灯に顔を照らされた5人がステージ上のスクリーンにアップで映ったのが今も忘れられません。その後、5人でふ~っと火を消して、ドームは温かい拍手であふれて…すごく感動的だったなぁ」

 ちなみにこの日のサプライズは、中居と香取慎吾(39才)の間では打ち合わせ済みで、稲垣吾郎(42才)も直前に知った。しかし草なぎ剛(42才)は「どうすんのかな~とは思っていたけど、でも、自分もライブ感を楽しみたかった」と、あえて周囲に何も聞かないでいたのだという。これにはメンバーから「お前がサプライズされてどうすんだ!」と総ツッコミされていた。

「当初中居くんと慎吾でサプライズの相談をしていたとき、剛に企画を任せようってなったんですって。でも慎吾が“おれがやる”って譲らなかったって。それに吾郎も、誕生日の朝、木村くんにデコメでおめでとうメールと花の写真を贈ったと話していました。そんな話をしているとき、木村くんは所在なさげにずっと照れ笑いをしていて …。あぁ、SMAPって、本当にいいチームだなって、しみじみ思ったのを覚えています」(ファン歴15年の女性・41才)

 この日、ファンへのお土産があった。それは「御縁」と書かれた銀メダル。なぜ銀かというと「おれらの目指すべきところは、上にあるから」と木村は言った。「次が銅メダルに下がらないようにしなきゃね~」と冗談めかして話したのは稲垣。でもどんなにダメになっても、ファンは「器が大きい」(中居)からついてきてくれる。そんな愛すべきファンに向かって香取はこう宣誓していた。

「20年後、30年後でも、ぼくらはアイドルですから」と。

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
木村文乃 サンタ帽をかぶり鶴瓶の誕生日をサプライズで祝福
広瀬すずのサプライズ登場に中高生1000人が熱狂
解散報道で木村拓哉自宅前にファン集結「祈りを捧げに来た」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP