体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

退院の日にと準備していた服を着せ、赤ちゃんを見送った…。37週での予想もしない死産

f:id:akasuguedi:20160831004756j:plain f:id:akasuguedi:20160830220716p:plain

なんで、わたしなんだろう。なんで…この疑問が2年近く経った今でも消えません。

第3子目になる女の子を37週で死産しました。

上に2人、男の子と女の子を大きなトラブルなく出産していたので、なんの疑いもなく赤ちゃんが産まれてくるものだと思っていました。

あの日…37週を過ぎた夜中、なにか出たなぁと思い、トイレにむかいました。

座ってすぐにパチンッという音と共に、便器の中が血で真っ赤になりました。

自宅での破水を経験していなかったので、破水と共に出血したのかなと思って、すぐに旦那を起こし、病院に電話してタクシーで病院に向かいました。

電話したときにはお腹の中でまだ赤ちゃんは元気に動いていました。

病院についてからも出血は止まらず、看護師さんも、おかしいなと言いつつお腹にNSTをつける。

30分してから先生が来て、お腹を触った瞬間に「早期胎盤剥離だな」こう言いました。

赤ちゃんの心音が下がっていたそうで、すぐに緊急帝王切開の準備が始まりました。

どうしていいかわからず、ガタガタと震えだした

体を抑えることも出来ず、ただただ無事に産まれてほしい。このことだけを考えていました。

緊急帝王切開だったので、慌ただしく準備が進められましたが、なかなか手術が始まらず、あとで思うとこの時間お腹の中で、赤ちゃんはとても苦しんでいたんだなぁと思うと悲しくなります。

先生は、今から急いで赤ちゃんを取り出しますが、間に合わないこともあります。そう言って手術開始。

30分くらいした頃、赤ちゃんが産まれます!の言葉とともにお腹から取り出されましたが、赤ちゃんは産声をあげませんでした。

わたしの方から赤ちゃんの様子は見えなかったので、なにか起こってるかわからなかったし、無事であると信じていました。

赤ちゃんを取り出してから、麻酔が切れ始め猛烈な痛さに耐えていました。

1時間くらいして手術が終わりました。

終わってから元気な赤ちゃんが私のもとにくることはありませんでした。

先生から、残念ですが、赤ちゃんは…と言われた瞬間、どうしようもない感情が溢れ出し、手術台の上で号泣していました。

ただ追加の麻酔で意識が朦朧としていて、そのまま部屋に運ばれました。

その部屋が、新生児室の隣の部屋で、同じ日に出産した赤ちゃんの泣き声やお見舞いの方のおしゃべりがずーっと聞こえていて、辛かったのを覚えています。 関連記事:自分の子だけ、泣かない。手のひらほどの小さな我が子。お腹も心も空っぽになった死産という出産

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会