ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア

シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつあるプロジェクトを紹介します。デザインの力が認知症を患う人々の心を動かす、とってもステキな事例です。

入居部屋を“懐かしのわが家”に
ドアをドアで装飾する。

「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア

アムステルダムを拠点に活動を続ける団体「ture doors」は、認知症ケアホームの内装を手掛けてきました。彼らがとくにこだわるのは、入居者たちの部屋のドア。 

そもそもすべて一律の見た目は、もしかしたら施設側(ケアをする側)の都合なのかもしれない。けれど、認知症を患っている入居者たちは、実際どの部屋も同じに見えて、自分の部屋が分からなくなってしまう。そんなトラブルが日常的に起こっているんだそう。

そこで、ture doorsが考えたのが、無機質で単色のドアを、それぞれの住人の個性を表すものに変えること。施設のドアを本物のドアに取り替えてしまおうというもの。

でも、扉ごと新調するのは大掛かり。そこで、さまざまなデザインが施され、同サイズに合わせたドアのステッカーを上から張り合わせる、という手法にしたそうです。つまりは、デコレーションする訳です。

 「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア

パリ、アルデシュ(南仏の県)、アムステルダム、ストックホルム、タリン(エストニアの首都)。各国の個性豊かなドアの表情を引き伸ばし、貼り付ける。たったこれだけのアイデアですが、利用者たちは自分の部屋に迷わずたどり着けるようになり、施設での生活にも彩りが増したと大喜び。

なぜって?彼らが選んだステッカーは、実際に施設に入所する前、彼らが住んでいた家のものだから。「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア

昔の思い出が昨日のことのように蘇ってくるの。まるで自分の家にいるみたい。温かくて居心地のいい、懐かしのわが家よ。── Ms.Roodenburg「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア

懐かしいなあ。キュラソー島にあるウチのドアは本当に美しくてね。娘が貼ってくれたんだけど、これで私がホームシックになるんじゃないかって心配しているよ。── Mr.Rojas

このアートプロジェクトの成功により、true doorsの活動はオランダで広く知れ渡るように。その功績が讃えられ、2014年には「MSD Care Award」を受賞。小さなプロジェクトは、いま社会貢献活動としてヨーロッパ各国からも注目されるまでになりました。

記憶の扉も開ける
想いでのドアたち

「わが家にいるようだ」老人ホームに革新をもたらした、ほんの少しのアイデア

ところで、このアートプロジェクトがなぜ「true door」と名付けられたと思います?

認知症を患ったおじいちゃん、おばあちゃんたちのドアが以前、自分たちの住んでいた家とそっくりのものに変わる。すると、彼らは昔の想いで話を楽しそうに語り始めるんだそう。

心に大切に留めておいた記憶のドアを開ける手伝いも、もしかしたら、この生まれ変わったドアが担っているのかもしれない。そんな意味合いから、こう呼ばれるようになった。とってもステキな話ですよね。Licensed material used with permission by Lifelong Inspiration Initiative

関連記事リンク(外部サイト)

ある街の風景。でも、実はここ「老人ホームの中」なんです。
26歳のバイオリニストが老人ホームで見つけた、80歳の大親友
月額0円。世界最小クラスの「ホームセキュリティシステム」を知っていますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。