体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイクロソフト澤円氏と元AWS小島英揮氏が語る「最強のエバンジェリズム」とは?

エバンジェリズムには顧客視点が欠かせない

:この組み合わせでの登壇は、これまでは本当に難しかったですね(笑)。

小島:先月、AWSを退社したことで、実現しました(笑)。

:今回の対談のテーマは「最強のエバンジェリズムを語る」ということですが、小島さんはエバンジェリストではなかったんですよね。

小島:エバンジェリストというタイトルは持っていませんでした。ただ、エバンジェリズムは、知らない人に興味を持ってもらってファンになってもらって買ってもらうということ。マーケティング的な活動とも言えます。従って自分がやってきたことと、この言葉はしっくりくるんです。

:私もエバンジェリストという肩書きではないんです。
マイクロソフトではエバンジェリストというロール名があり、その立場で活動している人もいますが、僕のロール名はテクノロジーセンターのセンター長で、エバンジェリストではありません。

ですが、やっている活動はエバンジェリスト。マイクロソフトおよびITの可能性を伝播しているので。最近は、ITだけではなくて別の業界・業種でもエバンジェリストは増えているんですよね。

小島:僕の友達で冨山の氷見でブリのエバンジェリストをやっている人もいます(笑)。

:エバンジェリストというと、ステージの上でプレゼンテーションするというイメージで捉えている人も多いと思いますが、エバンジェリズムにはいろんな形があるんです。

小島:エバンジェリズムとしているのは、世の中的にまだ知られていないものを、一般の人に向いてもらえるような場を考えてくれる人と、そこに集まった人たちに響くプレゼンをする人。この2つのロールがエバンジェリズムだと捉えています。

:その通りで、僕は年間150回ぐらいプレゼンをするのですが、単にしゃべるだけでは人には伝わりません。舞台設定や必然性を作ってもらえないと、効果が半減するんですよね。

小島:事実を伝えれば相手は分かってくれるわけではありません。伝え方のコツって何かありますか。

:使い古された言葉ですが、顧客視点ですね。

小島:相手が何を求めているかはどのように判断しているのでしょう。

:反応しやすい言葉やキーワードを投げかけるんです。質問や探りから入っていったり、キャッチーな言葉を投げて興味を惹いたりして、それを積み上げてゴールに近づけていくという感じですね。

小島:参加者の人数でやり方を変えることはないんでしょうか。

:基本は同じです。もちろん人数が増えると、一人ひとりに質問するわけにはいきません。そう言う場合は、オープンクエスチョンで、反応を見ます。

小島:オープンクエスチョンは、多数の人とチャンネルを作る際に有効ですよね。

:語りかけることで、当事者意識が持てるんですよ。参加者も当事者意識を持たずに一方的にプレゼンテーションを聞くのは辛い。リレーションを作って、当事者になっていただくと、こちらの言葉も伝わりやすくなりますからね。

小島:当事者意識は大事ですね。僕はそれを自分事化するという表現を使っています。どんなに良い情報でも自分に関係ないと聞いていると、その後のアクションにはつながらない。

1 2 3 4 5 6次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。