ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レディー・ガガとブラッドリー・クーパー共演の映画『A Star Is Born(原題)』、2018年に公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米ワーナー・ブラザースが、レディー・ガガとブラッドリー・クーパーが出演する映画『A Star Is Born(原題)』の米劇場公開日を2018年9月28日に設定した。

クーパーは同作で、自身初となる監督も務める。クーパーは、自身の製作会社22アンド・グリーンを通じて、ジョン・ピーターズ、ビル・ガーバー、ベイジル・イヴァニクと共にプロデュースも手掛ける。

同作は、ウィリアム・A・ウェルマンが監督を務め、1937年に公開されたジャネット・ゲイナーとフレデリック・マーチが出演した映画をもとにしており、キャリアが急下降する一方で、意欲的な女優を手助けする消え行く映画スターの姿を描く。1954年の映画ではジェームズ・メイソンとジュディ・ガーランドが主演し、1976年の映画ではバーブラ・ストライサンドとクリス・クリストファーソンが主演を務めた。

クーパーは、クリント・イーストウッド監督の映画『アメリカン・スナイパー』で主演を務めた後、『A Star Is Born(原題)』の監督を務めることとなった。イーストウッド監督は、消え行く映画スターをクーパーが演じる同作に長年に渡り携わっていたが、結果的に企画から降板し、その前には、初監督を務める機会を探していたクーパーに対して、同作で監督に挑戦するよう提案していた。

ガガは、すでに世界最大のポップ・スターとして名声を手にしているが、近年においては演技のキャリアを重要視してきた。ガガは、テレビシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』での演技で絶賛を集め、第73回ゴールデングローブ賞のミニシリーズ部門で主演女優賞を受賞した。

ガガは、6月に『A Star Is Born(原題)』へ参加した。同作は、2018年9月28日に米劇場公開すると発表された最初の作品だ。

米ワーナー傘下のニュー・ライン・シネマは11月9日(現地時間)に、ミッドウェーによるビデオゲームが原作のドウェイン・ジョンソンが主演を務めるアクション映画『Rampage(原題)』を2018年4月20日に米劇場公開することを発表した。同スタジオは2015年に、同作で、映画『カリフォルニア・ダウン』のプロデューサーであるボー・フリンがジョンソンと再びチームを組むことを明かしていた。

『Rampage(原題)』の脚本はライアン・イングルが執筆しており、その詳細は謎に包まれている。同作は、現在プリプロダクション中だ。

ビデオゲーム版『Rampage(原題)』では、プレーヤーは、大惨事をもたらす巨大なゴリラやトカゲ、オオカミを止めることを任される。また、米ユニバーサル・ピクチャーズは、R指定のタイトル未定のコメディ映画を2018年4月20日に米劇場公開する。

さらに、米ワーナーは、MGMによる映画『Everything, Everything(原題)』を2017年8月18日に米劇場公開することを発表した。ティーンエイジャーのロマンスを描く同作は、ニコラ・ユーン原作の若者向けの同名小説をもとに、J・ミルズ・グッドローが脚本を執筆し、ステラ・メギーが監督を務め、アマンドラ・ステンバーグとニック・ロビンソン、アナ・デ・ラ・レゲラが出演する。

ステンバーグは、“バブル・ベイビー・ディズィーズ”としても知られる、実際に全てのものにアレルギー反応を起こす重症複合型免疫不全症を患っているティーンエイジャーの少女を演じる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP