体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもたちに思い出を。住人がイチからつくった地域の夏祭り

子どもたちに思い出を。住人がイチからつくった地域の夏祭り

子どものころの「お祭りの風景」というのは、多くの人の脳裏に刻まれているものだと思う。全国から観光客が集まるような大げさなものじゃなく、町内会が主催する地域の小さなお祭りだ。神社の参道に露店が並び、公園にやぐらを組んで盆踊りを踊る。細かいディティールは覚えていなくても、楽しかった思い出はしかと心が記憶している。

そんな一生の記憶を子どもたちに残そうと、お祭りがなかった地域にお祭りをつくってしまった人たちがいる。千葉県野田市の新興タウン「ソライエ清水公園 アーバンパークタウン」の住人たちだ。

3カ月がかりで準備、住人手づくりのお祭り

筆者が子どものころ、夏のお祭りは一年で最も心躍るイベントだった。ふだんのおこづかいとは別に支給されたボーナスの500円玉をやりくりし、お祭りの屋台を最高に満喫する戦略を立てるのが楽しかった。いつもは内気なのに、催事のテンションにまかせて盆踊りを踊ったりもした。

しかし、最近は高齢化や人口減少でお祭りを中止する地域も増えているようだ。寂しいことである。

そんななか、千葉県野田市の新興タウンに住む住人が、自らの手でお祭りを立ち上げてしまったという。「お祭りをつくる」って、どういうことなんだろう? 夏の終わりに開催された「清水公園東自治会 夏祭り」に足を運んでみることにした。【画像1】お祭りは夕方から。早く着き過ぎたので準備の真っ最中だった(写真撮影/片山貴博)

【画像1】お祭りは夕方から。早く着き過ぎたので準備の真っ最中だった(写真撮影/片山貴博)

会場は東武アーバンパークライン・清水公園駅すぐ近くの「ソライエひろば」。

この日は小雨のぱらつくあいにくの天気。にもかかわらず、雨粒に打たれながら着々と準備が進んでいた。中止など微塵も考えていないようである。なお、この日の天気予報は終日雨だったため、訪れる前に念のため主催者に開催の有無を問い合わせたところ、「何がなんでもやります!」との力強い返事。半端じゃない意気込みがうかがえる。【画像2】お手伝いもそこそこに追いかけっこ。よいよい、子どもは遊ぶのが仕事よ(写真撮影/片山貴博)

【画像2】お手伝いもそこそこに追いかけっこ。よいよい、子どもは遊ぶのが仕事よ(写真撮影/片山貴博)

広場の周りを七夕飾りが取り囲み、「やぐら」に見立てた巨大な竹を中心に無数の提灯がツリー状に広がっている。夜は提灯にLEDの光が灯り、竹を囲んで盆踊りが行われるらしい。失礼ながら手づくりというからもっとしょぼい感じのものを想像していたし、ご近所さんのお祭りなのだからむしろそのしょぼさが愛おしかったりすると思うのだが、かなり大がかりで華やかだ。住人たちの並々ならぬ気合が感じられる。

聞けば、これらの装飾も、全て住人たちの手づくりなのだとか。準備は6月から3カ月がかり。実行委員を中心に提灯づくりのワークショップを開催するなどして、150個の提灯と七夕飾りをこしらえた。平日昼間は仕事でなかなか集まれない住人も、会社帰りや週末などに作業を進めていったらしい。最終的には実行委員会を中心に、30人弱のメンバーが関わっているそうだ。【画像3】七夕飾りなどの準備は「ソライエひろば」内にある公共の作業場「ものづくりの工房」で行われた(写真撮影/片山貴博)

【画像3】七夕飾りなどの準備は「ソライエひろば」内にある公共の作業場「ものづくりの工房」で行われた(写真撮影/片山貴博)

引越してきた街にお祭りがない…じゃあ、つくっちゃおう!

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。