ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

減俸や現役引退のプロ野球選手に大きくのしかかる「税金」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シーズンが幕を閉じ、今年も契約更改の季節が巡ってきた。二刀流の大活躍で日本一に貢献した日本ハム・大谷翔平(22)の大幅年俸アップが注目される一方で、成績が残せず減俸やトレードの秋風を首筋に感じている選手も少なくない。

 減俸や現役引退というフェーズに立った選手に、大きくのしかかるのが「税金」だ。市井のサラリーマンとは収入の桁が違うだけに、納める税額の“スケール”も大きくなる。

「年収への課税は大きく、国に納める所得税と、地方税である住民税の2つがあります。会社と雇用契約を交わしているサラリーマンのほとんどは、面倒な税務処理の必要はなく会社が毎月の給料からの天引き、年末調整などをしてくれます。それがプロ野球選手の場合、球団と個別に契約を交わす個人事業主の扱いになる。そのため選手個人が確定申告をする必要が出てきます」(スポーツ選手と契約経験のある税理士)

 そうしたなかで、思わぬドタバタや悲劇が起きることがあるのだ。“年俸1億円もらっていても、半分は税金でもっていかれる”といった選手の嘆きはよく紹介されるが、ポイントは納税の時期だ。

「最近は球団によって微妙に違いがあるものの、基本的にプロ野球選手の“給料”は、年俸を10~12等分した額がほぼ毎月、指定の口座に振り込まれるかたちになる。毎回の振り込みで、約20%の源泉徴収(所得税)がされるが、一回の振込額が1000万円を超えるような億プレーヤーの場合、納めるべき所得税の税率は当然、最高税率の45%です。

 つまり源泉徴収との差額を『翌年春』の確定申告の際に支払うことになる。さらに住民税(一律10%)は、確定申告後の『翌年6月以降』に納めるという“時間差”が生まれるのです」(同前)

 一度、高額年俸を手にした選手が不振でシーズンを棒に振って大幅減俸となった場合、月ごとの振込額が激減した状況下で、“高かった去年の年俸”にかかる税金を払っていくことになるのだ。

「昨オフは大幅減俸が相次いだ。年俸5億円だった巨人の杉内(俊哉、36)は自ら申し出て、5000万円プラス出来高でサイン。中日・岩瀬(仁紀、42)も2億5000万円ダウンの年俸5000万円に激減。

 杉内の『4億5000万円ダウン』は、プロ野球史上最大の減額でしたが、そうなると今季の杉内は、収入が5000万円なのに、3億円前後の税金を納める計算になってくる。“破産しないか”という声が出たほどです」(担当記者)

 現役を引退して「年俸」がなくなる選手にも同様の悩みが生まれる。

 プロ野球選手の“再就職”は狭き門だ。テレビの地上波放送が減ったことに加え、スポーツ紙など専属評論家、解説者を抱えるマスコミはコスト削減で躍起になっている。なんとかコーチのクチが見つけても、現役時代の年俸には及ばない。

※週刊ポスト2016年11月25日号

【関連記事】
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
王貞治インタビュー他プロ野球逸話を満載した二宮清純氏の本
野茂英雄、福本豊、伊藤智仁、王貞治の「伝説の真実」に迫る書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。