ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

腰痛治療に有効 寝返りをうちやすくする4つのストレッチ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 腰痛に悩んでいる人は少なくないだろう。そんな人たちに朗報である。腰痛を「根治する」ための画期的な腰痛治療法を東大病院が発表したのだ。

 その研究によれば、腰痛で苦しむ患者にはある意外な共通点があった。それは「寝返りを打つ回数が少ない」ということだった。

 そもそも寝返りとは、「身体を回転させる全身運動」である。そのため寝返りを打つためには、腰だけでなく、胸から太腿までの筋肉の柔らかさが求められる。身体が固くなっている人は寝返りを打ち辛いのだという。

 東大病院が発表した論文には、その問題を解決する方法も紹介されていた。腰痛解消のために考案された「4つのストレッチ」だ。イラストで示した通り、これらのストレッチは全て横になった体勢で行なう。

(1)腰をねじる
 仰向けの状態で、腰をねじる。片方の手で膝を押さえ、もう片方の手は真っ直ぐ伸ばして頭の上方に置いた状態にする。肩やひざが床につかなくても無理をしなくていい。片方の足を終えたら反対の足でも行なう。

(2)ひじ立て+ひざ曲げ
 うつ伏せの状態からひじを立て、次にひざを曲げる。ひざを曲げるのが辛い場合、ひじを立てるだけでも良い。

(3)ひざ抱え
 背中を床につけたまま起こさず、片ひざずつ順番に抱え、最終的には両手の指を組んで両ひざを抱えた形にする。

(4)タオルで脚上げ
 仰向けの体勢で片ひざを立て、そのひざ小僧にタオルをかける。そこから今度はひざを浮かせてタオルを足の爪先にひっかける。あとはひざを真っ直ぐ伸ばして上にあげる。(1)と同様に反対の足でも行なう。

 それぞれ、形を作ったら、全身の力を抜き、6回深呼吸。(1)~(4)をそれぞれ3セットずつ順番に行なうのが理想だ。就寝中の寝返りを促すストレッチのため、寝る前に行なうことが大事なポイントだという。

 発表された論文の中では、「7~8割に効果がみられた」と記されている。このストレッチがもたらす効果について、16号整形外科院長の山田朱織医師はこう解説する。

「筋肉の血液循環が良くなり、関節の可動域の動きも改善できる。腰痛を招く悪循環を解消する可能性は十分にあると思います」

 思い当たるフシがある人は、この「4つのストレッチ」を試してみてほしい。

※週刊ポスト2016年11月25日号

【関連記事】
起床時が辛い腰痛患者の共通点は「寝返りを打つ回数少ない」
腰痛の真偽 「鎮痛剤飲むのダメ」は×「横向きで寝ろ」は○
オバ記者53才 AKB『会いたかった』振り付けに挑戦・後編

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP