ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中高年の大きな悩みとなる「墓」 その実態をレポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3人寄れば、文殊の知恵ならぬお墓の不安に頭を抱える──。今、中高年以上の人たちにとって大きな悩みとなっているのがお墓をどうするか、ということだ。超高齢化社会が進み、これから多死社会を迎える。お墓の必要性は増してくるはずだが、実際には代々のお墓を引き継ぐことの困難さと、すでに無縁化した数多のお墓が社会問題になっている。これからのお墓はどうあるべきか、どうすればいいのかについて今一度、考えていきたい。ノンフィクションライター・井上理津子氏がレポートする。

 * * *
◆この墓所のご縁者様は霊園事務所に

 秋晴れの週末、都立青山霊園と都立雑司ケ谷霊園に行った。六本木ヒルズを遠景に、芝生が広がる青山霊園。クスノキの大木が枝を広げ、雑木林のような雑司ケ谷や霊園。どちらもお墓がずらりと並ぶ。

 青山霊園にはピンクのコスモスの大きな花束を手向け、歓談している2世代家族がいた。雑司ケ谷霊園には線香をあげ、ひとりお経を詠む女性の姿もあった。にぎやかな、あるいは粛々としたお墓参りの光景だ。

 墓石の刻字が「慶応二年」「享保四年」などと建立100年を超えるお墓がある一方で、新しそうなお墓も散見する。石を積み重ねた従来型の「○□家の墓」が多いが、長方形の石に「和」「平和」「心」「ありがとう」などと書く洋型のお墓もぽつりぽつりと目にとまる。

 大久保利通、国木田独歩(青山霊園)、夏目漱石、竹久夢二(雑司ケ谷霊園)らが眠るお墓にも出合う。著名人のお墓を巡り歩く人を「墓マイラー」と呼ぶそうだが、雑司ケ谷霊園で言葉を交わした菊川未希さん(35才、台東区在住)も墓マイラー。「村山槐多(かいた)のお墓を見にきた」そうだ。

「槐多って、大正8年に22才で死んじゃった画家兼詩人ですが、絵も詩も直情的なすごい人なんですよ。死ぬ間際にふられた女の人たちの名前を叫んだ…」

 菊川さんについて行った先にあったのは、墓石らしからぬずんぐりした石。菊川さんは「槐多らしい! すてき」。手を合わせてから、スケッチを始めた。

 彼女が墓地をちっとも怖がっていない様子に、うれしくなった。ひとりに戻って、さまざまな時代のさまざまな人が眠る場だと思いながら行きつ戻りつしたが、改めて周囲を見回し「あら?」と思った。

 セイタカアワダチソウやススキが生い茂った草ぼうぼうのお墓や、空き地になった区画が目についたからだ。草ぼうぼうのお墓には「この墓所のご縁者様は…霊園事務所にお立ち寄りください」と書いた札が立っているものもある。長くお参りの人が来ていないお墓なんだろう。公益財団法人東京都公園協会霊園課に問い合わせた。

「管理料を滞納されているお墓の場合もあります。滞納5年で無縁墓かどうかの調査に入り、継ぐかたが見つからなければ、法的手続きを踏んだのち、1年から3年程度で無縁塚に改葬します」と担当者が説明してくれた。

 東京都公園協会のホームページによると、一般埋蔵施設の年間管理料は1平方メートルにつき610円。わずかな額を意識的に滞納する人がいるのかと首をかしげるが、お墓とかかわりたくないのか。書類を識別できなくなった高齢者も含まれているのかもしれない。

◆青山霊園にお墓を持ちたいんです

「改葬」とは何か。お墓の本にはお墓の引っ越しと説明されているが、正確には「遺骨」を移転させること、つまり遺骨の引っ越しである。墓石全体を移転させるのではなく、墓石の下部に設置された「カロート」という場所に埋葬されている遺骨だけを取り出して運ぶことを指すらしい。都立霊園では、個別に規定の骨壷に入れ直し、八柱霊園(千葉県松戸市)にある無縁塚に運ぶそうだ(多磨霊園にも無縁塚があるが、すでに満杯とのこと)。その数は?

「8か所の都立霊園(青山、雑司ケ谷、谷中、染井、八柱、八王子、多磨、小平)で平成23年から平成27年の5年間で、合計約1100件の“無縁改葬”が行われました」(東京都公園協会霊園課の担当者)

 都立霊園に眠る人の数は121万人だそうだから、わずかといえばわずかだ。しかし、5年間で約1100件ということは、単純計算すると、1年に約220件だ。つまり、2日に1件以上。

 空き地になっているか所は、こうした無縁改葬の区画に加え「返還(お墓を取り除き、使用していた区画を整地して東京都公園協会に返すこと)」された区画だそうだ。返還の場合、当然、お墓の中の遺骨も動かされる。これが“改葬”だが、お墓はそのままで、カロートの中の何人分かの遺骨だけ改葬されるケースもある。少しややこしいが、返還は区画単位、改葬は遺骨単位。2015年度の返還数は約800件、改葬数は約3000件だったという。

 毎年7月に都立霊園の新たな使用者が公募されて話題を呼ぶが、霊園の面積が増えるわけではない。無縁改葬されて空いた墓所区画、あるいは返還された墓所区画の跡地の「再貸付」なのだ。広かった区画は6平方メートル以下に分割されて再貸付される。

 都内に5年以上在住していること。現在守っている「親族の遺骨」があること。遺骨に対して葬儀の喪主を務めたなど祭祀の主宰者であること。「再貸付」の応募は、以上3つの条件を持つ人に限られ、価格は一般埋蔵施設(普通のお墓)で青山霊園なら1.6平方メートルが437万6000円から、八柱霊園なら1.75平方メートルが34万1250円からなどさまざまだが、いずれも絶大な人気を博している。

 今年度は、3万1003人が応募し、倍率は一般埋蔵施設に限っても6.1倍となった。

「2年続けて落選しましたが、来年も応募しますよ。予算は600万~700万円。大きい声では言いませんが、やはりステータスじゃないですか。青山霊園にお墓を持ちたいんです」

 先般、こう明かした都内の開業医(65才)がいた。

 目下、彼は4年前に亡くなった父の遺骨を多磨霊園の「一時収容施設」に預けている。お墓を取得するまでの間など、一時的に遺骨を預かってくれる施設だ。この父の遺骨で青山霊園を申し込み、当選したら故郷・中国地方の霊園にある祖父母と母の遺骨も持ってくるつもりだと言った。

 私の周りには「死んだらそれまで。お墓にお金をかけたいという発想はない」という人が大多数だから、「お墓はステータス」という彼の心持ちが新鮮である。

 そんなこんなをつらつら考えながら都立霊園を歩いて、見えてきたのは、新規にお墓を持つ人、持っていたお墓を手放す人、そして持っていたお墓を放置して無縁にさせる人、この3者が墓地にうごめきあっていることだ。もっと言えば「今、お墓が動いている」と思えてきた。

「これまでの地縁血縁社会では、お墓は『永続性、尊厳性、固定制』という性格を持っていましたが、家族形態が多様化し、人々の意識やライフスタイルの変化によって、大きく変わってきています」と、京都女子大学宗教・文化研究所客員研究員の槇村久子さんは言う。

 槇村さんがかかわり、2003年と2011年の全国の男女2000人に実施した調査による『わが国の葬送墓制の現代的変化に関する実証的研究』では「お墓を守っていくのは子供の義務」と考える人が、87.7%から62.3%に減った。「守る」ためにお墓が動くのか、それとも「守らなくていい」から動くのか──。

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
人気の青山霊園 1000平方メートル超え小神社並みの墓も存在
葬儀・お墓のトレンド 3万円台の永代供養墓、樹木葬など
都心公営霊園に希望者行列 倍率は青山14.9、小平12.8、谷中12

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP