ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古都・金沢に旅行へ行くならここ!クリスマスならではの楽しみ方ができるおすすめ観光スポット19選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家族みんなで楽しめる金沢のおすすめ観光スポットをご紹介!

数多くの古き良き時代の街並みや建造物が当時の姿のまま残されている金沢では、お散歩をするだけでも楽しめるのが魅力のひとつ!

今年のクリスマスは金沢に決めた♪金沢ならではの魅力がいっぱい詰まったスポットでみんなの思い出を作ろう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

兼六園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ah2140016713/photo/

小立野台地の西北端近くにあり、金沢城跡とは百間堀をへだてて相対している。江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。延宝年間(1673年~1681年)、五代藩主綱紀の時代に最初の庭が造られ、1822年(文政5年)十二代藩主斉広が竹沢御殿を建てるに際し、拡張整備を行い、さらに1837年(天保8年)、十三代藩主斉泰が竹沢御殿を壊して霞ガ池を造りほぼ現在の形となった。

兼六園の名は奥州白河藩主白河楽翁が宋の李格非の“洛陽名園記”にちなみ、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つを兼備する名園であるとして命名した。その名に恥じず、10万平方mを超える園内には池や滝があり、曲水が造られ、日本海方面や医王山方面の眺望もすばらしい。

\口コミ ピックアップ/

自由行動で兼六園に行きました。

日本の技術が凄い。

癒されました。

何回でも行きたいです。

オススメ。

(行った時期:2015年12月30日)

国の特別名勝に指定されている兼六園です。

池泉回遊式庭園であり、ミシュラン観光ガイドで3つ星にも選ばれています。

とても風情があり、金沢観光にぜひ訪れる場所です。

(行った時期:2015年12月) 兼六園

住所/石川県金沢市兼六町1-4

「兼六園」の詳細はこちら

ひがし茶屋街

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201aj2200023579/photo/

金沢には「西」と「東」・「主計町」と3つの茶屋街があった。なかでもひがし茶屋街は料亭街となった現在でも、全体が保存区域になっているのでお茶屋建の家並みが続き、夜ともなれば三味線や太鼓の音が聞こえ、雅な伝統文化の世界を垣間見ることができる。金沢素囃子は金沢無形文化財に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

この通りに入ると一気にタイムスリップしたような街並みになります。

実際に夜にはお座敷となる東茶屋街。舞妓さんが街行く姿は本当に様になっていました。

距離としてはとても短く、歩くだけなら短時間で済むはずなのですが、所々に雰囲気の良いお土産やさんやカフェもあり、そういうのが好きな人はたっぷり時間に余裕をもった方がよさそうです。

金箔の有名な金沢で金箔のついたお土産を購入しました。

(行った時期:2014年12月)

徒歩圏内にたくさんのお店が連なっています。金沢のお土産屋さんもたくさんありとても楽しめました。何と言っても雰囲気が最高です。

(行った時期:2014年12月) ひがし茶屋街

住所/石川県金沢市東山

「ひがし茶屋街」の詳細はこちら

第7ギョーザの店

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000178943/photo/

ギョーザの概念をくつがえす、もちもちのボリュームある皮にジューシーな具がポッテリと包まれた「ホワイト餃子」が有名。パリッと香ばしく焼き上げられたギョーザを目当てに、学生や根強いファンが店を訪れる。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

名物ホワイト餃子、それに蒸し餃子と焼き餃子を頼んでみましたが、

10名以上いた仲間たち、それぞれ好みが分かれましたが、私は焼き餃子。

最初はビールで食べてましたが、終いにはご飯と豚汁も注文するほど濃い味で美味しかったです。

(行った時期:2015年12月)

必ず注文するのが、ホワイトギョーザ・豚汁・ライスの3品。ホワイトギョーザは皮が厚く、食べ応えあり。この3品でお腹いっぱいになれます。

(行った時期:2015年12月) 第7ギョーザの店

住所/石川県金沢市もりの里1-259

「第7ギョーザの店」の詳細はこちら

近江町市場

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ga3550124554/photo/

近江町市場は加賀百万石の台所。狭い地域に170あまりの店が立ち並んでいる。鮮魚,青果,精肉,かまぼこ,乾物,塩干,漬物,酒,駄菓子,惣菜,花,セトモノ,洋品雑貨…等々。おみやげに生ものを,という人には買ったものを氷詰めにしてくれる。

\口コミ ピックアップ/

いつも多くの買い物客でいっぱいです。

何度訪れてもその度に気づく事もあり、ショッピングが楽しめます。

たくさんの鮮魚にこころ躍る市場です。

(行った時期:2015年12月)

年末に行きました。すごい人で人気のお寿司やさんは2時間待ちとか!とても活気があって、新鮮な魚を買うことができて満足です。

(行った時期:2015年12月) 近江町市場

住所/石川県金沢市上近江町50

「近江町市場」の詳細はこちら

妙立寺(忍者寺)

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ag2130012974/photo/

俗称忍者寺。拝観は予約制。

\口コミ ピックアップ/

落とし穴や隠し部屋、隠し階段等とても珍しいお寺(忍者とは全く関係ないとガイドさんが話していましたが、通称忍者寺と呼ぶそうです。)です。

(行った時期:2015年12月)

小学生中学年の子供と行きました。江戸時代に建立された寺で色々な仕掛けを見学でき子供も興味を持って見学していました。

(行った時期:2015年12月) 妙立寺(忍者寺)

住所/石川県金沢市野町1-2-12

「妙立寺(忍者寺)」の詳細はこちら

金沢21世紀美術館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ae3302018402/photo/

平成16年10月開館。円いガラスに囲まれた明るい美術館。気軽に立ち寄れ、無料ゾーンにコミッションワークもあり、建物そのものも一見の価値あり。

\口コミ ピックアップ/

ステキな建物の中で絵画を見たり、オブジェに触れたりできます。中庭にも楽しいオブジェがあり子供が楽しめるところです。

(行った時期:2011年12月)

楽しい美術館です。1日楽しめます。兼六園やお城にも近く、そぞろ歩きの一つとして、立ち寄ってみるのも良いところです。企画よりも常設展がいいと思います。

(行った時期:2015年12月) 金沢21世紀美術館

住所/石川県金沢市広坂1-2-1

「金沢21世紀美術館」の詳細はこちら

JR金沢駅

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000183832/photo/

\口コミ ピックアップ/

まず、金沢駅についてすぐに、門が目に飛び込んでくると思います。

冬には、それを使ったプロジェクションマッピングが行われていたので、期間を調べていくのもいいかもしれません。

お土産やさんも構内に充実しており、帰りにここで買っていくこともできると思います。

(行った時期:2014年12月)

鼓門を見ると「金沢に来たんだな~」という気持ちになります。金沢駅はお土産屋さんも豊富なので、最終日にまとめてお買いものができるのが便利でした。

(行った時期:2015年12月) JR金沢駅

住所/石川県金沢市木ノ新保町1-1

「JR金沢駅」の詳細はこちら

金沢港いきいき魚市

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000119022/photo/

威勢のいい掛け声が飛び交う金沢港いきいき魚市では、金沢港をはじめ石川県内の漁港で水揚げされた捕れたての魚介類が販売されている。館内には漁業者や産地仲買人が直営する個性豊かな店が6軒そろい、旬の魚を存分に品定めできる。向かいのせり市では、活気あふれる朝せりや夜せりの様子も見学できる。

捕れたての魚を手に入れるならここ

\口コミ ピックアップ/

家族で冬によく行きます。金沢港のそばのお店で、冬はいつもお客さんで賑わっています。観光バスも来ています。市場で働いている人たちも気さくで話しやすいです。駐車場は広いです。地方発送もよくしてもらっています。

(行った時期:2015年12月)

新鮮な魚が安く買うことができました。

カニや甘エビを買いました。

お店の方もとても優しくて、調理方法も丁寧に教えてもらいました。

(行った時期:2015年12月) 金沢港いきいき魚市

住所/石川県金沢市無量寺町ヲ52

「金沢港いきいき魚市」の詳細はこちら

金沢城公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201af2122018403/photo/

加賀藩前田家の居城だった金沢城は、五十間長屋や菱櫓が復元され、城址全体を公園として開放しています。

\口コミ ピックアップ/

加賀百万石前田家の居城で金沢市のほぼ中心に位置しています。金沢駅からだと徒歩20分くらい。兼六園に接しているため、一緒に観光されると良い!

(行った時期:2015年12月)

城好きではないけれど 此処は広くてほっとする場所の一つ 金沢の中心にあっても観光客がごちゃごちゃしてない気もする

比較的高い場所にあるので場所によっては下を見下ろせるのも気持ちが良い。

(行った時期:2015年12月) 金沢城公園

住所/石川県金沢市丸の内1-1

「金沢城公園」の詳細はこちら

長町武家屋敷跡土塀

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ad2150017158/photo/

武家屋敷独特の武家窓がある長屋門や土塀、丁字路や袋小路などの城下町の遺構を残す。冬には土塀を雪から守るためこもが掛けられる。

\口コミ ピックアップ/

冬にいったのですが、雪がうっすらと屋根にあり、とても風情がありよかったです。みなさんもぜひいってみてください。

(行った時期:2015年12月)

石畳に白い塀が続き、忍者でも出てきそうな雰囲気です。途中で小雨が降り出しましたが、それもまた風情があって楽しめました。

(行った時期:2013年12月) 長町武家屋敷跡土塀

住所/石川県金沢市長町

「長町武家屋敷跡土塀」の詳細はこちら

金沢城石川門

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ae2180022104/photo/

金沢城三の丸にある搦手門で,鉛瓦葺き,表門と左右太鼓塀,櫓門,櫓がある桝形門。

\口コミ ピックアップ/

金沢城石川門は静かな雰囲気で心がとても落ち着きました。落ち着いて楽しむことができる素晴らしい場所なのでおすすめ。

(行った時期:2015年12月)

兼六園から直ぐの所にあります。

通りを渡った所に橋があり、橋を渡ると石川門です。

ここから、金沢城公園へ入って行きました。

多くの人が写真を撮っていましたよ。

兼六園とセットで見学される方が多いようです。

(行った時期:2015年12月) 金沢城石川門

住所/石川県金沢市丸の内

「金沢城石川門」の詳細はこちら

湯涌温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201cd2110076682/photo/

白山連峰の医王山麓にある標高400mの温泉。加賀藩主の湯治場として歴史を保ち、明治以降から庶民の温泉地となった。大正ロマンの画家竹久夢二が滞在し、薬師堂に碑立が建つ。金沢湯涌夢二館、総湯「白鷺の湯」がある。

\口コミ ピックアップ/

地元の人に愛されている温泉街だと思います。旅館も数々ありますが、日帰り湯(380円~)もあり、気軽にいけるのがいいです。金沢から富山に抜ける山の中にあるので自然も豊かです。

(行った時期:2015年12月)

一時期は温泉の存続が危うかったのに、アニメ「花咲くいろは」の舞台となり、10月にはぼんぼり祭りも開かれ、潤ってます。金沢にこんな温泉があったんだ!と驚きます。温泉のお料理も良いです。

(行った時期:2010年12月) 湯涌温泉

住所/石川県金沢市湯涌町イ1番地

「湯涌温泉」の詳細はこちら

医王山

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ab2010002077/photo/

\口コミ ピックアップ/

あまり高い建物のない石川県ですが、唯一(!?)の夜景、星空のスポットです!医王山の駐車場まで登る時はここであってる?と不安になりますが、登り切ればたくさんの車が止まっているので安心します!笑 夜景もとっても綺麗で、空も近く運が良ければ流れ星も見られますよ!

(行った時期:2013年12月)

冬に初心者スキーのために家族で行きました。狭いコースですが、料金も安く、緩やかなコースもあり、初心者の練習用に最適なゲレンデです。

(行った時期:2012年12月) 医王山

住所/石川県金沢市大菱池町

「医王山」の詳細はこちら

武家屋敷跡野村家

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ae2180021314/photo/

長町で唯一、一般公開されている武家屋敷跡。代々奉行職を歴任してきた加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡を公開しており、格式を重んじた当時の様式を見学できます。加賀藩のお抱え絵師、狩野派の画人・佐々木泉景による山水画をほどこした襖や、総檜造りの格天井、ギヤマン入りの障子戸など、文化財的な評価も高い屋敷です。

野村家の庭園は樹齢400年の山桃や椎の古木や六尺に及ぶ大雪見灯篭、さくらみかげ石の大架け橋などが絶妙なバランスで配置されており、濡れ縁のすぐ下にまで迫る曲水、落水を配した佇まいは、屋敷と庭園が見事に調和した造りを見せています。また、石造りの階段を上ると茶室があり、眼下に庭園を眺めながらお抹茶を頂くこともできます。

2009年にミシュランの観光地格付けにて2つ星に選ばれ、また過去には米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」誌の日本庭園ランキングで第3位に選ばれるなど、海外からも高い評価を受けています。

\口コミ ピックアップ/

武家屋敷跡野村家の見学には入場料がかかります。入場料を払っても見学される事をお薦めします。

控えの間、謁見の間、上段の間、仏間、茶室と昔の武士の生活が伺えます。

また、庭園が素晴らしく、昔の人の贅沢な暮らしを感じる事ができます。

一見ありです。

(行った時期:2015年12月)

武家屋敷にある野村家です。お庭がとても素敵です。テレビの金沢特集で見て、改めて良さを知り訪れました。建築に詳しいわけではありませんが、歴史ある建物も雰囲気があります。

(行った時期:2014年12月) 武家屋敷跡野村家

住所/石川県金沢市長町1-3-32

「武家屋敷跡野村家」の詳細はこちら

尾山神社

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201ag2130011752/photo/

金沢の藩祖・前田利家公をまつる。神門は全国でも珍しい洋風の建物で重要文化財。18時から22時まで灯りがともり、ギヤマンが美しく映える。

\口コミ ピックアップ/

金沢市にある神社です。

藩祖「前田利家」を祭る神社で、境内には「前田利家公像」などがあり、それ程広くない神社ではありますが、ギュッと見どころが凝縮された場所となっていました。金沢市でもなかなか人気のある観光スポットで、ちらほら観光客も見受けられましたよ。

(行った時期:2011年12月17日)

加賀藩の藩祖である前田利家を祀る神社です。

平成10年には正室のお松の方も合祀されました。

神社としてはかなり異色な造りの神門が有名です。

(行った時期:2015年12月9日) 尾山神社

住所/石川県金沢市尾山町11-1

「尾山神社」の詳細はこちら

石川県立美術館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201cc3300033994/photo/

国宝仁清色絵雉香炉他、古九谷から再興九谷焼を含む古美術コレクション。また、石川県を中心とする近現代の美術と工芸作品。加賀藩前田家に伝わる文化財を展示する前田育徳会尊經閣文庫分館など。

\口コミ ピックアップ/

現代アート中心の21世紀美術館と対を為すような、加賀藩文化を象徴する古美術が豊富な美術館。ショップカフェとしてル ミュゼ ドゥ アッシュKANAZAWAも併設されている。

(行った時期:2015年12月)

県立美術館のあるエリアは金沢城・兼六園・21世紀美術館等々見応えのある施設でたくさん。

九谷焼や前田家ゆかりの品が多く展示されとても一日では見切れなかった。

できれば何日かかけて再訪したい。

(行った時期:2015年12月) 石川県立美術館

住所/石川県金沢市出羽町2-1

「石川県立美術館」の詳細はこちら

にし茶屋街

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17201aj2200024669/photo/

東山のひがし茶屋街・主計町とともに、かつて栄えた金沢三茶屋街のひとつである。お茶屋建の建物が並ぶ道の両側に今なお料亭が軒を連ね、格子戸の奥から三味線や太鼓の音が聞こえる。金沢素囃子は金沢無形文化財に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

金沢で茶屋街といえば東茶屋街だと思いますが、こちらのほうがこじんまりしている分空いていて穴場です。甘納豆の美味しいお店があります。

(行った時期:2015年12月)

金沢で有名なひがし茶屋街は平日の日中でも大混雑。

この「にし茶屋街」は繁華街の片町から犀川を渡った徒歩圏内。

規模は小さいがスッキリと整備された街並みは見応え十分。オススメ。

(行った時期:2015年12月) にし茶屋街

住所/石川県金沢市野町

「にし茶屋街」の詳細はこちら

金沢フォーラス

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000183775/photo/

金沢のファッションビル。レディース・メンズのファッションアイテムやオーガニックコスメが充実。ダイニングリゾートKUUGOでのグルメや9スクリーン、1531席のシネマも。

\口コミ ピックアップ/

フォーラスの中の本屋さんが好きです。

石川県外のお客さんが来た時はもりもり寿司へ行くことが多いです。

(行った時期:2015年12月20日)

金沢駅のすぐ隣にあるファッションビルです。雑貨や書籍、レストラン街、9スクリーンの映画館もあります。フォーラスとは何ぞや?と思ったら、英語のforとusからなる造語で、お客さんの立場からの言葉で「私たちのために」ということからだそうです。電車の乗り換えやバスの待ち時間などの時間つぶしにもってこいです。

(行った時期:2013年1月) 金沢フォーラス

住所/石川県金沢市堀川新町3-1

「金沢フォーラス」の詳細はこちら

ヤマト・ひしほ蔵

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000168016/photo/

昔ながらの製法で作る本物の醤油と味噌

ヤマト醤油は、昔ながらの製法を守って醤油と味噌を作り続ける、明治44年創業の醤油と味噌の蔵元。商品ルームの醤蔵(ひしほぐら)では搾りたての生醤油『ひしほ』や有機栽培米で作った味噌『かなえ』、農林水産大臣賞を受賞した魚醤『いしるだし』などを販売している。利き醤油ができるのも、ここならでは。

\口コミ ピックアップ/

直源醤油と双璧のヤマト醤油。以前は醤油ソフトを食べによく行きましたが、近年商品が多彩になり違った魅力を感じるようになりました。大野と金石の街と合わせて利用してもらいたいですね。

(行った時期:2014年12月) ヤマト・ひしほ蔵

住所/石川県金沢市大野町4-イ170

「ヤマト・ひしほ蔵」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

みんなで仙台旅行を満喫しよう!クリスマスに行ってみたいおすすめの観光スポット20選!
神戸に行くならここがおすすめ!クリスマスならではの楽しみ方がいっぱい!おすすめ旅行スポット20選!
今年のクリスマスは軽井沢ならではの独特な雰囲気を感じに行こう!おすすめの旅行スポット19選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP