体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【私のIターン】面白い仕事とサーフィンがしたい…そして宮崎へ | アラタナ舩山展丈

f:id:kensukesuzuki:20161114111716j:plain

宮崎市を拠点に、eコマースに特化したサービスと技術を提供するアラタナ。2015年にはZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ社の傘下に入り、地方のネットベンチャーとして、実績・技術力が注目されています。そのアラタナ社で、若きスタッフたちを影で支えるのが、取締役人事責任者(CHRO)で経営管理本部長の舩山展丈さん。埼玉県出身、早稲田大学卒業後はリクルートへ。宮崎とは縁もゆかりもなかったのに、東京でのキャリアを捨て、Iターン入社しました。何がそうさせたのか? 宮崎市内のオフィスで経緯を聞きました。

【プロフィール:舩山展丈】

埼玉県出身。早稲田大学卒。リクルート入社。広島、高松、静岡でアルバイト求人誌のタウンワークを立ち上げる。2008年アールスリーヘルスケア、2010年リクルートドクターズキャリアへの出向を経て退社。2013年10月アラタナ入社、営業部、管理部のマネジメントを担当。2015年執行役員、経営管理本部長に就任。2016年取締役人事責任者(CHRO)に就任。

スピード出世と超多忙な日々。20代は仕事が生き甲斐だった

2001年、新卒でリクルート入社、2003年にはゼネラルマネージャーとなった舩山さん。ちょっと早すぎると思えるくらいのスピード出世ですが、新規事業部で広島、高松、静岡と立て続けに地方拠点を立上げ、採用、営業に関わり、その経験は年齢や在籍年数を超えるものがありました。新卒同期が都心でサラリーマンライフを送る中、舩山さんは「地方のドブ板営業」に悪戦苦闘する日々。多くの難題に直面するも、仕事は楽しくて仕方がなかったといいます。

2008年、Webの仕事を希望して東京へと戻り、人間ドック予約サイトの責任者に。2012年リクルート退社後、リクルートとヤフーが共同出資した会社を経て、2013年10月宮崎市のアラタナ社へと転職し、現在に至ります。

地方転勤を繰り返し、東京では新しいWebサービスの責任者という超のつく多忙な日々の中で、結婚、二子が誕生します。が、…離婚。平日はひたすら働き、土日は育児に全てを充てていた生活が、一人になり、週末にすることがなくなってしまいました。

離婚後、サーフィンに目覚め宮崎へ

f:id:kensukesuzuki:20161114111820j:plain

離婚で身も心も疲れて果ててしまい、仕事にもベクトルが向きません。そんなとき、元上司の一言が舩山さんの心に響きました。「もっと自分のことを考えて、ワガママになれ」

振り返ってみると、仕事漬けの毎日でも20代は楽しかったといいます。3年目からリクルートでマネージャーとなり、収入もあり、仕事の自信もありました。一方、慣れも感じ始めていました。一度クリアしたゲームを何度もやっている感覚で、つまらない…。そこで、今までと全く違うことをしようと決意。「タバコと眼鏡をやめる。そして兼ねてから興味のあった、サーフィンを始めよう」。とはいえボードや車が必要だし、どこの海に行けばいいのかも分からない状態。するとタイミングはやってくるもの。プロサーファーを目指していた男性が部下として入社してきました。2011年5月、彼に連れられて、大荒れの静岡の海でデビュー。初日に怪我をしてしまった舩山さんでしたが、一日の終わりには「明日も連れてって!」と言っていたそうです。

f:id:kensukesuzuki:20161114111854j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会