ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

柿よりもすごい効能!? ビタミンCたっぷりの柿の葉茶

DATE:
  • ガジェット通信を≫

柿よりもすごい効能!? ビタミンCたっぷりの柿の葉茶<br />

柿が美味しい季節になりました。柿は実だけでなく、木は昔から材木として使用され、柿の葉はお茶の葉にしたり押し寿司などに利用されてきました。美味しい柿の実の二の次になってしまいがちな柿の葉ですが、実は柿の実に比べてビタミンCを多く含んでいます。

柿の実よりも高い栄養価

柿の実の高い栄養価もさることながら、柿の葉の栄養価も負けてはいないんです。それどころか葉にはビタミンCが実よりもずっと多く含まれており、葉が含むビタミンCの量はレモンの約10〜20倍にもなります。

柿の葉のビタミンCは、果物や野菜に含まれる一般のビタミンCとは違い、「プロビタミンC」と呼ばれる形態の異なるものです。プロビタミンCはビタミンCになる前の段階であり、体内に入ってから化学的な変化によりビタミンCとなる物質です。

余談ですが、βーカロチンは体内でビタミンAに変換されるのでプロビタミンAといわれています。話を戻し、ビタミンCは熱に弱いことで知られていますが、プロビタミンCは熱に強く、加熱してもビタミンCが壊れることはほとんどありません。だから葉をお茶にしてもビタミンCが壊れず、たっぷりビタミンCを摂ることができるんです。

またビタミンC同様に、柿の葉に多く含まれる渋味成分タンニンは、活性酸素の増加を抑え、血液の流れを良くする働きがあります。だからシミを防ぐなどの老化防止効果があり、動脈硬化やガン予防も期待できるんです。

タンニンの摂りすぎに注意

栄養効果が高いと聞くと、ついたくさん摂りたくなってしまいますが、柿の葉の摂りすぎには注意が必要です。柿の葉に多く含まれるタンニンは健康・美容面で嬉しい作用がある反面、摂りすぎると体の調子を害することがあります。一つはタンニンを摂りすぎると、貧血を招く可能性があげられます。

なぜならタンニンが鉄分と結びついてしまい、鉄分が腸から吸収されるのを阻止してしまうからです。もう一つはタンニンは便を硬くする作用があります。タンニンが下痢止めとして利用されるように、摂りすぎると便秘気味になることがあります。貧血や便秘が気になる方は柿の葉の摂取を控えた方が良いでしょう。

柿の葉茶の適用量は

タンニンを摂りすぎないようにするために、どうのようにして摂取するのがよいのでしょうか。お茶の葉として利用されることが多い柿の葉は、飲むなら1日に2杯程度にしておくのが良いでしょう。また空腹時ではなく食後に飲む方が良いそうです。

柿の葉のお茶は、美肌効果のあるビタミンCやタンニンが自然な形で補えるお茶です。渋味成分タンニンが含まれているけれど、柿の葉茶は渋味を感じず、癖もないので飲みやすいお茶です。ぜひ一度試してみてくださいね。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP