体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トレエン斎藤さんに聞く! イケメンじゃなくてもモテる方法

トレエン斎藤さんに聞く! イケメンじゃなくてもモテる方法

「女子にモテるのはイケメンばかり…」

 

「どうせオレなんて、恋愛対象として見てもらえない…」

 

と悩む“フツメン男子”は多いはず。

 

でも、たとえイケメンじゃなくてもポイントさえ押さえれば、“モテ男”になれる可能性は十分あるんだとか!

 

そこで、M−1グランプリ2015のチャンピオンとしてブレイクし、実はモテ男としての呼び声も高いトレンディエンジェル・斎藤司さんに、「イケメンじゃなくてもモテる方法」を伝授してもらうことに!

 

コンプレックスは、さらけ出したほうがモテる!

 

今では、「女子高生が選ぶ好きな芸人」の1位に輝くほど人気者の斎藤さんだけど、高校時代は人見知りで“友達ゼロ生活”を送っていたとか。

 

トレエン斎藤さんに聞く! イケメンじゃなくてもモテる方法

 

「学生時代は、まったくモテませんでしたね。

 

当時は一応、髪もあったので(笑)、ちょっとでもキムタクに近づきたくてアイプチをしたりしてたんですよ。

 

でも、大学を卒業した23歳のころにハゲ始めたので、『外見は捨てよう!』って吹っ切れました!

 

目が少しパッチリしたくらいじゃカバーしきれない、“ハゲ”っていうとんでもない要素がプラスされちゃったわけですから(笑)」

 

“外見を捨てる”といっても、最低限の身だしなみやオシャレに気を使うことはもちろん大切。ただ、ハゲたことで「外見がすべてではない」と悟ったと斎藤さんは言う。

 

トレエン斎藤さんに聞く! イケメンじゃなくてもモテる方法

 

「それまでは、ずっと女子と2人っきりで話すのが苦手だったんです。

 

でも、ハゲてからはあえて『オレってカッコイイじゃん?』って自信満々に言うと、『いやいや、ハゲてるやん!』ってミニコントみたいになって、女子との会話が弾むようになったんです。

 

しかも、『カッコイイ』って言い続けていると、自分にも女のコにも暗示がかかって『あれ? 本当にカッコイイかも…?』って思えてくるんですよ、不思議なことに!

 

その時、『たとえウソでも、自分に自信があるヤツってモテるんだ』『内面が大事なんだ』って気づきましたね」

 

確かに、「どうせオレなんか…」とネガティブな発言ばかりしていたり、オドオドしている男子より、勘違いとわかっていても自信がある発言をする人のほうが、ツッコミやすいし話しやすそう!

 

トレエン斎藤さんに聞く! イケメンじゃなくてもモテる方法

 

「コンプレックスをさらけ出すのは、女子との距離を縮めるうえですごく大切なんですよ。

 

もしも天パがコンプレックスなら、『クセ毛で悩んでるんだけどオススメの髪型ない?』って相談してみるのもいいと思います。

 

別に、むりやり“笑い”に変えたり、自虐的にならなくてもいいんです。自分から話題にすることで、『この人は、コンプレックスを受け止められる人なんだ』って好印象につながるし、悩みを相談されると距離が縮まりますからね。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。