ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[Alexandros]ツアー初日、横浜アリーナが巨大なライヴハウスに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

[Alexandros]がアジアを含む全国ツアー『Tour 2016~2017 ~We Come In Peace~』の初日公演を11月16日(水)に神奈川・横浜アリーナで開催した。

11月9日にリリースされたニューアルバム『EXIST!』はオリコンウィークリーチャート1位を獲得! そのアルバムを携え、全国15ヶ所28公演、さらに香港・台湾・高雄・韓国のアジア4ヶ所を回る。初日は約2時間半にわたって熱演を繰り広げ、勢いよくツアーをスタートさせた。

ライヴの頭から1時間近く、畳みかけるように演奏を行ない、ようやく最初のMCへ。川上洋平(Vo&Gu)が“ありがとう来てくれて! 改めまして[Alexandros]です。楽しんでますか? 横浜! 横浜アリーナ!!! いや~我々この3人(川上、白井眞輝(Gu)、庄村聡泰(Dr))は神奈川県民として最高にうれしいです!”と喜びを露にしたのに対し、磯部寛之(Ba&Cho)が“ちょっと待て! 一応おれも住んだことある。4人暮らしで! 神奈川出身ではないけども・・・”と寂しそうに呟き、会場の笑いを誘った。

また、川上は“ツアーファイナルでやるようなこんな大きな会場で初日からやらせていただいて・・・。本当にみなさんのおかげでできました。ありがとうございます”と喜びを噛みしめ、ニューアルバム『EXIST!』に関して、“こんな、(いろんなジャンルが入ってる)よくわかんないアルバムが、こんな多くの人に届いて、そして聴いてもらえるなんて、本当に嬉しいを通り越してビックリです”と感謝の意を述べた。

ライヴはニューアルバムの楽曲を中心に、フェスで人気の楽曲なども織り交ぜ、観客は瞬く間に興奮の渦へ。横浜アリーナという大きい会場を物ともせず、巨大なライヴハウスへと変えてしまった。

“日本もそして海外を含め(ツアーを廻っていくのにあたり)いろんなところで、いろんなことがあると思いますが、一本一本大事にしていきたいと思います。今日初日だからと言って気を抜くことなく、ファイナルような気持ちでやれました。まだまだ終わってませんけど、最後までファイナルだと思って挑んできてください”と[Alexandros]らしい表現でツアーへの意気込みを語り、大歓声と拍手の中、ツアー1日目が終了した。

なお、「Tour 2016~2017 ~We Come In Peace~」は国内とアジアのライヴハウスやホールを約半年かけて回り、来年4月23日(日)の千葉・幕張メッセ国際展示場まで続く。

Photo by Azusa Takada 高田梓/Yuki Kawamoto 河本悠貴

『[Alexandros] Tour 2016~2017 ~We Come In Peace~』
11月22日(火) 京都 KBS ホール

11月23日(水) 京都 KBS ホール

12月05日(月) 東京 Zepp Tokyo

12月06日(火) 東京 Zepp Tokyo

12月10日(土) 香川 高松 festhalle

12月11日(日) 香川 高松 festhalle

12月17日(土) 新潟 LOTS

12月18日(日) 新潟 LOTS

<2017年>

1月07日(土) 広島 BLUE LIVE

1月08日(日) 広島 BLUE LIVE

1月14日(土) 宮城 仙台 PIT

1月15日(日) 宮城 仙台 PIT

1月21日(土) 石川 金沢 EIGHT HALL

1月22日(日) 石川 金沢 EIGHT HALL

1月26日(木) 愛知 Zepp Nagoya

1月27日(金) 愛知 Zepp Nagoya

2月03日(金) 北海道 Zepp Sapporo

2月04日(土) 北海道 Zepp Sapporo

2月11日(土) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

2月12日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

2月17日(金) 大阪 Zepp Osaka Bayside

2月18日(土) 大阪 Zepp Osaka Bayside

3月04日(土) 福岡 福岡国際センター

3月11日(土) 沖縄 ナムラホール

3月12日(日) 沖縄 ナムラホール

3月25日(土) 香港 Music Zone@E-Max

4月01日(土) 韓国 sangsangmadang

4月08日(土) 台北 Legacy

4月09日(日) 高雄 LIVE WAREHOUSE

4月22日(土) 千葉 幕張メッセ国際展示場 9-11 ホール

4月23日(日) 千葉 幕張メッセ国際展示場 9-11 ホール






カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。