ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クアルコムとテンセント、中国にVR研究開発用の施設を開設予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

半導体メーカーのクアルコムは、中国のテンセントと協力して、モバイル向けのVR/ARシステムの研究開発に重点を置いた「イノベーションセンター」を中国に開設することを発表しました。

ゴールドマンサックスは2025年に中国のVR市場が600億ドルになると見込むなど、中国は有望なVR市場の1つとして急速に成長しています。また日経アジアの調査によると、テンセントのVRへの投資はブローカーを誘致し、香港証券取引所の株式を2016年9月に最高値まで引き上げたとのこと。

テンセント・インタラクティブエンターテインメントR&DゼネラルマネージャーであるZhiming Nie氏は、イノベーションセンターが優れたゲーム体験や中国の消費者の高い要求を満たすサービスを開発する助けとなると語りました。


Qualcomm VR820

クアルコム中国の事業開発担当副社長であるエイドリアン・オング氏は、テンセントとのパートナーシップとクアルコムのSnapdragon 800シリーズチップは、スマートフォンとタブレットのVR・ARの質引き続き向上させると述べています。

クアルコムはSnapdragon 820チップを搭載した一体型ヘッドセット「VR820」を2016年初頭に投入しました。

(参考)
Qualcomm Is Launching a Chinese VR ‘Innovation Center’
http://vrscout.com/news/qualcomm-and-tencent-launching-a-virtual-reality-innovation-center/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP