ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリスマスに旅行へ行くなら冬の魅力がたっぷり詰まった札幌に決めた!おすすめスポット20選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリスマスにみんなで旅行をするなら、札幌がおすすめ!サッポロビール園や札幌ステラプレイスなど大人が楽しめるスポットから、丸山動物園や白い恋人パークなど子供まで楽しめるスポットが盛りだくさん!

今年のクリスマスは札幌に決めた♪札幌ならではの魅力がいっぱい詰まったスポットでみんなの思い出を作ろう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

サッポロビール園

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_foomoojH000137015/photo/

\口コミ ピックアップ/

とことんビールを楽しみました。利きビールもしましたし、ジンギスカンのお店で飲むサッポロビールは最高でした!

(行った時期:2014年12月)

サッポロビールの工場の敷地内にあり、ジンギスカンと共に、作りたてのビールを味わう事が出来ます。魚や野菜などと同様、ビールにも鮮度があるようで、作りたてのビールは格別だと思います。また行きたいですね。

(行った時期:2015年12月) サッポロビール園

住所/北海道札幌市東区北7条東9丁目2-10

「サッポロビール園」の詳細はこちら

モエレ沼公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01103ah3330043744/photo/

世界的な彫刻家イサム・ノグチの設計による総合公園。公園そのものが自然と芸術が融合する巨大なキャンパスとなっている。

\口コミ ピックアップ/

北海道札幌市の公園。基本設計は彫刻家のイサム・ノグチ。春は桜、夏はモエレビーチ、秋は紅葉、冬はクロスカントリースキーやスノーシューと一年を通して楽しめるのでおすすめ

(行った時期:2015年12月)

自然いっぱいの大人から子供まで楽しめる公園です。

公園内の随所にセンスが感じられ、まるで公園全体がひとつの芸術作品のようでした。

(行った時期:2013年12月) モエレ沼公園

住所/北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

「モエレ沼公園」の詳細はこちら

北海道神宮

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01101ag2130008987/photo/

北海道の総鎮守。創建1869年。約18万平方mの境内地は桜の名所となっている。毎年、初詣をはじめ、多くの参拝客が訪れるほか、6月には北海道神宮例祭(札幌まつり)が開かれ、お囃子にのって神輿や山車が市内を練り歩く姿が見られる。

\口コミ ピックアップ/

広い敷地には豊かな緑が広がっている。

開拓神社など摂社末社を拝むと、北海道開拓史の一端に触れる思いになる。

(行った時期:2015年12月27日)

初詣客で大変賑わう神社ですが、我が家は年末に済ませてしまいます。

境内にある六花亭の休憩所でお茶を頂くのが楽しみです。

(行った時期:2015年12月) 北海道神宮

住所/北海道札幌市中央区宮ヶ丘474

「北海道神宮」の詳細はこちら

円山動物園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01101cc3310040004/photo/

ほ乳類、鳥類、爬虫類など動物約160種、700点を飼育する道内有数の動物園。 子どもに人気のライオンやキリンがいる熱帯動物館をはじめ、6種類のクマを展示している世界の熊館、高さ15mのジャングルジムがあり生態展示を目的としたチンパンジー館、人も動物も快適に過ごせるエゾシカ・オオカミ舎、ヒツジやヤギに触れることができるこども動物園などがあり、年間を通して動物を見ることができる。

敷地内には、迫力いっぱいのループ&コークやバイキングなど人気の遊具が揃った遊園地「円山子供の国キッドランド」を併設。大人も子どもも一日中楽しめる施設として、休日は家族連れや若者などで賑わう。

\口コミ ピックアップ/

意外と動物の種類が多く、札幌市内から近くてお薦めです。 トラやペンギン、ヒヒ科の種類がたくさんいます。 中でも何度も赤ちゃんを産んでいる、ホッキョクグマ「ララ」が有名です。

(行った時期:2015年12月)

駅からは少し歩いたような気がします。

平日だった為かかなり空いていた印象があります。

動物も可愛くて癒されました!

(行った時期:2011年12月) 円山動物園

住所/北海道札幌市中央区宮ヶ丘3-1

「円山動物園」の詳細はこちら

国営滝野すずらん丘陵公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178079/photo/

北海道の大自然とダイレクトにつながっている国営滝野すずらん丘陵公園は、札幌市中心部・千歳空港・市笏湖を結んでできる三角地帯の中央、札幌市街地から南へ18km、車で40分ほどの札幌市南端に位置し、約400ha(計画面積)の広大な敷地を持つ、北海道で唯一の国営公園。

春から秋にかけて800種類を超える草花が咲きそろうカントリーガーデンでは、丘陵の地形を活かした北海道の牧歌的な風景がごらんいただけます。また、渓流ゾーンには「日本の滝100選」に選ばれた名所を含め4箇所の滝が見られ、渓流での川遊びやバーベキューもお楽しみいただけます。さらに、冬は白銀の風景に様変わりしゲレンデがオープン。歩くスキーコースも設置され、静寂の林間風景や氷爆した迫力の滝など自然の醍醐味がお楽しみいただけます。

\口コミ ピックアップ/

子供と一緒に行ったのですが、チューブ滑りがとても気に入って 何回も滑りました。 冬休みだったので、混んでいました。

(行った時期:2014年12月25日)

夏は自然がとても綺麗です。 冬は、タイヤ滑り等のウィンタースポーツも楽しめます。 札幌からも近くお勧めです。

(行った時期:2014年12月) 国営滝野すずらん丘陵公園

住所/北海道札幌市南区滝野247

「国営滝野すずらん丘陵公園」の詳細はこちら

札幌ステラプレイス

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000176252/photo/

センターとイーストの2つのゾーンに分かれ、レストランなど160店舗を超える日本最大級の巨大ショッピングモール。開放的な館内にはアーティストのオブジェや作品が配され、空間全体が楽しめるようにデザインされている。買う・食べる・観る・遊ぶ・感じるなど、新しいライフスタイルに出会えるスポット。

洗練されたショップが並ぶ巨大空間!

\口コミ ピックアップ/

札幌駅にある北海道随一のショッピングビルです。JRタワーから直結したショッピング街でとても便利がいいです。ファッション、飲食関係が多いですが、他にはエステ、コスメ関係がB1に沢山あります。上階はレストラン街でシネマもあります。

観光と言うより、ショッピングを楽しむ場所です。

(行った時期:2012年12月22日)

子供から大人まで楽しめると思います。

子供にはディズニーストアがおすすめ!!!

トイレや休憩用のベンチも所々設置されており買い物待ちのお父さんが座っていたり荷物の整理をしたりと便利です。

(行った時期:2015年12月) 札幌ステラプレイス

住所/北海道札幌市中央区北5西2

「札幌ステラプレイス」の詳細はこちら

大通公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01101ah3330042625/photo/

市街地の中心部を東西に貫く面積78.901平方メートル・全長約1.5kmの一大グリーンベルト。噴水・彫刻・花壇で美しく彩られ、春から秋には名物トウキビのワゴンが並ぶ。さっぽろ雪まつりやホワイトイルミネーションなどの様々な催しの会場でもある。

\口コミ ピックアップ/

仕事ついでに旅行をし、ここへきました。すごく楽しかった。景色もよいし旅行感満載と思ってます。

友達と行くには最高ですよ。

(行った時期:2011年12月)

札幌に来たら、是非とも行ってもらいたいです。

夏は焼きとうきびやビアガーデン。冬はイルミネーションが綺麗です。

(行った時期:2011年12月) 大通公園

住所/北海道札幌市中央区大通西1~12

「大通公園」の詳細はこちら

札幌市青少年科学館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01108cc3290032999/photo/

楽しみながら見て・触れて・体験し・考えることのできる300以上もの展示物と、美しい星空を演出するプラネタリウム、疑似体験シアター「バーチャリウム」などがある。

\口コミ ピックアップ/

新さっぽろ駅からすぐで、いろいろ面白い施設があり、こどもだけでなく、おとなも結構遊べます。科学の勉強にもなるので面白いです。家族連れに特におすすめです。

(行った時期:2015年12月)

札幌中心部からは離れていますが、地下鉄駅直結なので行きやすいです。プラネタリウムも楽しめて良いです。

(行った時期:2015年12月23日) 札幌市青少年科学館

住所/北海道札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20

「札幌市青少年科学館」の詳細はこちら

藻岩山

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01106ab2010003679/photo/

札幌市のほぼ中央に位置する標高531mの藻岩山(もいわやま)。アイヌ語では「インカルシベ(いつも上って見張りをするところ)」と言われ、かつてはアイヌの「聖地」でもあった。山頂からは札幌の街並みや日本海石狩湾、増毛暑寒別岳までの大パノラマを望める。

麓から中腹まではロープウェイか藻岩山観光自動車道を利用、中腹から山頂までは世界初の駆動方式を採用したミニケーブルカー「もーりすカー」に乗車する。札幌市民には気軽に登れる山として人気が高く、軽装で登れる5つの登山道(最短コース2.4km、最長コース4.5km)があり、夏場の週末には登山客で賑わいを見せる。

\口コミ ピックアップ/

集団で夜景を見に行きました。記念撮影もあり、お金はかかりますが、いい思い出になりました。大人数で行っても全く問題なく楽しむことができたので、また行きたいです。

(行った時期:2012年12月)

夜景がとても綺麗だと聞いていましたが、期待通り!見下ろす街の明かりがキラキラととても美しかったです。

(行った時期:2015年12月) 藻岩山

住所/北海道札幌市南区藻岩山

「藻岩山」の詳細はこちら

白い恋人パーク

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000154569/photo/

北海道銘菓「白い恋人」の工場見学のほか、イシヤオリジナルスイーツが味わえる「チョコレートラウンジ」、自分だけの白い恋人を作ることができる「お菓子作り体験工房」など、見て、食べて、楽しむことができるお菓子のテーマパーク。

\口コミ ピックアップ/

お菓子作りを体験できる工房があります。そこで実際に自分でクッキーを作ることができます。色んなコースがあるので、事前に調べて行くことをおすすめします。

(行った時期:2015年12月)

友達との旅行で立ち寄りました。工場見学でお菓子作りなどの行程を見ることができたり、自分の写真をパッケージにした“白い恋人”缶を作ることができたりして楽しかったです。ワイワイと楽しめました。

(行った時期:2013年12月) 白い恋人パーク

住所/北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36

「白い恋人パーク」の詳細はこちら

滝野すずらん丘陵公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01106ah3330042592/photo/

北海道で唯一の国営公園。滝野という地名の由来となった「アシリベツの滝」を含む敷地は400haと広大だ。中心ゾーン・渓流ゾーン・滝野の森ゾーン(東エリア・西エリア)の4つに分かれ、それぞれに違う楽しみ方ができる。共通しているのは豊かな自然。中心ゾーンでは美しく整備されたガーデンが、渓流ゾーンでは滝や川が、森では山野草が出迎えてくれる。

一度は見てみたいのが、アシリベツの滝にかかる虹。10月、開園直後のほんの一時だけしか見られない。

\口コミ ピックアップ/

冬はチューブぞりに乗れます。スリルがあって面白いですが、子供は怖がってました。

夏は有料ゾーンのお花が綺麗でした。

(行った時期:2014年12月)

夏にはたくさんの種類の花が見られて、

冬にはウィンタースポーツに事欠きません。

冬は初級者向けのスキー場としてぴったりだと思います。

(行った時期:2013年1月) 滝野すずらん丘陵公園

住所/北海道札幌市南区滝野247番地

「滝野すずらん丘陵公園」の詳細はこちら

中島公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01101ah3330044335/photo/

「日本の都市公園100選」にも認定された都心に近い憩いの自然空間です。国の重要文化財「豊平館」や日本庭園などがある。

\口コミ ピックアップ/

冬になると雪に覆われますが、歩くスキーが無料で貸し出されています。ジョギング代わりにお勧めです。自然とビルのコントラストも絶景です。

(行った時期:2015年12月)

すすきのの繁華街から徒歩10分もかからない場所ですが、散歩には最適な自然豊かな場所です。ビジネスホテルも近いので、宿泊の際はおすすめです。

(行った時期:2015年12月) 中島公園

住所/北海道札幌市中央区中島公園

「中島公園」の詳細はこちら

ノースサファリサッポロ

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178530/photo/

4月17日まで土日のみ営業!4月23日~夏季営業開始です『ありえない動物園』をコンセプトに、動物とのふれあいや様々な体験をご用意しております。お子さまに大人気のカピバラやウサギ、カワウソなどと間近に接することができます。

有料で、各プレミアム体験(ライオンに直接エサやり・ミーアキャットの釣堀・ライオン釣り・鷹匠体験・フクロウ・タカ腕乗せ体験などなど)6月4日からは、ノースサファリアドベンチャーがオープン!水陸両用車・セグウェイなど楽しいアクティビティが体験(有料)出来るので、家族で楽しい思い出をいっぱいつくれそうですね。お腹がすいたら、ファーストフードやノースサファリならではのゲテモノにチャレンジするのもいい思い出になります!

\口コミ ピックアップ/

動物と触れ合いたい人におすすめのスポット。 こんな小さなテーマパークと驚きますが、中に入ってみると、いろんな種類の動物がいます。

(行った時期:2015年12月)

ここではかわいい動物たちと触れ合えます。犬ぞり体験もできるので(冬季)ぜひ行ってみてください。おすすめです。

(行った時期:2015年12月) ノースサファリサッポロ

住所/北海道札幌市南区豊滝469-1

「ノースサファリサッポロ」の詳細はこちら

フルーツケーキファクトリー

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000175124/photo/

彩りも鮮やかな旬の果物を使ったタルト

札幌で爆発的人気を誇っているケーキショップ「ケーキファクトリー」。季節の果物を使ったタルトが人気。店内に使用素材の産地を明記し、ショーケースには季節感溢れる作りたてのスイーツが常時25種並ぶ。カフェでイートインも可能。店内工房では目の前でタルト作りが見られ、全体に大きめなのも嬉しい。

\口コミ ピックアップ/

1ピースが大きく食べ応えたっぷりです。見た目もカラフルなものが多く、どれにするか迷ってしまいます。お土産にもいいと思います。女子同士でおしゃべりしながら食べるのに適した雰囲気です。

(行った時期:2015年12月)

観光で近くに行った際、寄ってきました。ケーキファクトリーということで、たくさんの種類のケーキが並べられており、どれにしようかとても迷いました。イートインが可能なので、お願いし、休憩がてら美味しいケーキをいただきました。

(行った時期:2015年12月) フルーツケーキファクトリー

住所/北海道札幌市中央区南1条西4

「フルーツケーキファクトリー」の詳細はこちら

さっぽろテレビ塔

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01101ad3350046489/photo/

札幌の中心部を南北に分ける大通公園。その出発点、西1丁目に建つのが1956年に完成した「さっぽろテレビ塔」。完成以来、半世紀以上にわたって札幌の発展を見届けるランドマーク的存在となっている。地上約90mの展望台からは、季節ごとに表情を変える大通公園の美しい風景やイベントの様子が楽しめ、天気がよければ石狩平野や日本海も見渡せる。とくに、大通公園を会場にホワイトイルミネーションや雪まつりが開催される冬は、展望台が景色を眺める特等席。

\口コミ ピックアップ/

大通公園の東の端に位置し、展望台から見ると、大通公園が遠近感のよくわかる景色になります。ホワイトイルミネーションの時期だったので、バスでイルミネーション見物に出かけました。テレビ塔もきれいにイルミネーションで彩られていました。公園を歩いていると、大きめの電光板の時刻がよく目立ち、必ずテレビ塔の方を何回か見てしまいます。

(行った時期:2011年12月22日)

幼稚園児の子供と、初めて行きました。

展望台から見える夜景が綺麗で、喜んでくれたので連れて行って良かったです(^^)夜にきらきらと光る、外側から見るテレビ塔も綺麗ですが、中から見るのもおすすめです。

(行った時期:2014年12月) さっぽろテレビ塔

住所/北海道札幌市中央区大通西1丁目

「さっぽろテレビ塔」の詳細はこちら

北海道庁旧本庁舎

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01101ae2180021911/photo/

明治21年にアメリカ風ネオ・バロック様式で建てられた。「赤れんが」の愛称で広く道民に親しまれている。内部には、文書館や樺太関係資料館などがあり、一般公開されている。国指定重要文化財。

\口コミ ピックアップ/

朝早く(6時30分)に北海道庁を撮影した時に小雪が舞ってきましたので雪を入れた撮影を楽しんできました。

(行った時期:2015年12月5日)

たまたま、通りかかったのですが、とても素晴らしい場所です。公舎とは思えないくらい素敵な建物です。 街並みにもマッチしてますし、併せて道も整備されてます。

(行った時期:2015年12月) 北海道庁旧本庁舎

住所/北海道札幌市中央区北3条西6丁目

「北海道庁旧本庁舎」の詳細はこちら

北海道開拓の村

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01108cc3290030843/photo/

北海道開拓時代の建物を移築・復元した野外博物館。旧札幌駅停車場,北大恵迪(けいてき)寮,有島武郎邸,にしん御殿などがあり,夏は馬車鉄道,冬は馬そりが広い村内を走る。

\口コミ ピックアップ/

有料観覧施設ですが北海道の明治以降の建築物が整然と並んでいて60超えの年配の私は農家施設の農具などを見て懐かしんでいました。どちらかといえば大人が積極的に楽しめそうではありますが馬車などもあって子供も何とか行けそうです。

(行った時期:2015年12月)

朝ドラのロケ地で一躍有名になった開拓の村

開拓当初の家屋をそのまま移転してるので、レトロで懐かしい気持ちになります♪ ひな祭り、七夕などのイベント時には、お餅なども振る舞われ、何だか田舎のおばあちゃんちに来た気分。馬車鉄道は、冬場は馬ソリに身(*^_^*)

(行った時期:2015年12月) 北海道開拓の村

住所/北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50番地-1

「北海道開拓の村」の詳細はこちら

サンピアザ水族館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01108cc3320040607/photo/

約200種1万点余のさかなが飼育・展示されている。北海道近海に棲むホッケやケガニをはじめ、愛嬌たっぷりのゴマフアザラシやカワウソ、マゼランペンギンなどがいる。なかでもナイル川上流のギムナルクスやアマゾンのピラニアなどは迫力がある。ピラルクなどアマゾン河に棲む大型淡水魚やイシダイのサーカスショーもあり、多彩な展示内容となっている。

また日曜・祝日には、大小500匹の魚が泳ぐ回遊水槽でマリンガールによる餌付ショーも行われ、魚たちがマリンガールの手から餌を食べる様子が観察できる。

\口コミ ピックアップ/

ショッピングセンター内にある小さな水族館です。買い物のついでに寄ってあげれば子供が大喜びすること間違いなしでしょう。他の大きな水族館のように派手さはないですが、デンキうなぎを発電させてみるイベントなど、なかなか興味をそそられるようなイベントをしていました。

(行った時期:2013年12月)

札幌市の水族館です。こじんまりとしたところですが、青少年科学館のとなりにありますので合わせて利用する人も多いです。

(行った時期:2015年12月20日) サンピアザ水族館

住所/北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-5

「サンピアザ水族館」の詳細はこちら

札幌芸術の森

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01106cc3300033842/photo/

南区の丘陵地にある総合文化施設。広大な敷地内に自然環境を生かして彫刻が展示されている。札幌芸術の森美術館、クラフト工房、工芸館、野外美術館、有島武郎旧邸などの施設がある。四季を通してさまざまなイベントも開催。芸術の森センターには野外の美術館を眺められるレストランやミュージアムショップもある。

\口コミ ピックアップ/

森の中で芸術に触れることができます。

併設されたショップでは美術関連のお土産も購入することができます。

(行った時期:2015年12月)

札幌芸術の森は、札幌市南区にある複合文化施設。札幌市の都市公園として整備している。「公共建築百選」選定された素晴らしい場所

(行った時期:2016年1月) 札幌芸術の森

住所/北海道札幌市南区芸術の森2丁目75

「札幌芸術の森」の詳細はこちら

大倉山

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01100ab2012034700/photo/

展望台から札幌が一望できる。1972年に開催された冬季オリンピック札幌大会でジャンプ競技場「大倉山ジャンプ競技場」がある。ウィンタースポーツミュージアムでは、ウィンタースポーツの歴史が紹介されている。また、シミュレータによりスキージャンプやバイアスロンを疑似体験できる。

\口コミ ピックアップ/

12月の日没時間は午後4時頃ですのでそれにあわせて小樽より直接大倉山へ夜景を見に行きました。駐車場の先に展望台があって札幌市街が見えます。大通り公園の12月イルミネーションフェアの色彩点滅がわかるくらいですので標高は低い位置です。

(行った時期:2015年12月)

夕方に行ったゆもりがすでに夜景になっていました。調べたら北海道の冬は午後4時頃には日没するようです。北半球の北部ほど短くさらに標準時刻の兵庫から離れた北海道はさらに日没が早いからだそうです。大通公園部分が青い夜景でした。

(行った時期:2015年12月) 大倉山

住所/北海道札幌市中央区宮の森

「大倉山」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

クリスマスに名古屋旅行するなら、ご当地グルメを楽しもう!人気のおすすめ観光スポット20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP