ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【美活レシピ】食べる加湿器!肌うるレシピ6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏は湿気で悩まされるのに、秋冬は乾燥!日本の気候は四季があるだけに、実はハードとも言えます。特に、急に気候が変わる今は乾燥対策の始めどき!細胞が乾いた肌がうるおいを取り戻すには最低でも28日の肌周期が必要です。カサカサ肌にならないためには、事前の予防が大事。加湿器や化粧品のケアもいいけれど、今日から始められる「食べる加湿」始めませんか?7c4af92f f89c 4bec b6c1 3eba991abfa5

体の中から潤う!「加湿レシピ」6選

F2525c20 373b 4cbb a815 742c6bd2f5c1

肌を作るコラーゲンの宝庫!「肉類」

みなさんご存知の「コラーゲン」。程よい油分と水分をキープし、赤ちゃんのような若々しい肌を保つためには、やっぱり動物性の脂を摂って損はありません。中でも、たんぱく質、ビタミン類のバランスに優れた肉類は優秀!おすすめは、鶏むね肉や手羽、牛すじ、モツ類などの脂肪が少ない部位です。

鶏手羽のシンプル塩グリル

鶏手羽のシンプル塩グリル

即席!しっとりジューシー鶏ハム

即席!しっとりジューシー鶏ハム

コラーゲンの吸収を助ける!「豆腐」

豆乳を使った化粧品が人気です。その理由は、大豆に含まれる「イソフラボン」が女性ホルモンに働きかけ、肌のうるおいを保つコラーゲンの生成を助けるから。大豆イソフラボンの効果は、化粧品だけでなく食べるのも効果的。納豆や高野豆腐にも、たっぷり含まれますよ♪

カラダ潤う!具だくさん豆腐ステーキ

カラダ潤う!具だくさん豆腐ステーキ

アボカド、トマトのっけ豆腐

アボカド、トマトのっけ豆腐

肌を強くする!「緑黄色野菜」

コラーゲンは、それだけで摂っても体への吸収効率が悪いんです。できれば、緑黄色野菜にたっぷり含まれるビタミンB群と一緒に頂くのが理想!野菜は肌の免疫力を高める抗酸化作用もあるので、寒さに負けない強い肌を作ってくれる効果もあるんです。簡単に作れる野菜のメニューをプラスすることで、いつもの食事が美肌メニューになりますよ!

毎日作りやすい!岸田夕子さんの定番レシピ

野菜のとろみ蒸し炒め

野菜のとろみ蒸し炒め

カレーなら、野菜がいっぱい食べられそう!

3色ベジ・ヘルシーカレー

3色ベジ・ヘルシーカレー

関連記事リンク(外部サイト)

【美活レシピ】解禁!ボジョレーに合う「低糖質おつまみ」って?
【美活レシピ】モテる女が「肉食」なワケ
【美活レシピ】ひとりランチは太る?

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。