ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホで操作!LEDスクリーンにイラストを飾れるスニーカー「Vixole」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

読者の中には、ほぼ毎日スニーカーを履いているという人もいるのではないだろうか。

スニーカーはさまざまなメーカーから多様な商品が展開されているが、「人と違う一足がほしい」と考えている人に今回紹介したいのが「Vixole」。

かかと近くの両サイド部分にLEDスクリーンがついていて、スマホで好きなデザインを選んで飾ることができる。

・デザインは無限!

何千ものデザインやアニメ、写真を飾れるというのが売りで、そうすることでまさに世界に一つしかないスニーカーとなる。

スニーカーはスマホと連携し、ユーザーはスマホでデザインを簡単に変更できる。なので、雨が降り出したら傘マークを飾り、そして晴れ間が出てきたらすぐに太陽マークに変更する、ということもできる。

ちなみに、LEDスクリーンは防水の半透明素材でカバーされているので雨の日の使用も問題ないとのこと。

・VRゲームに活用も

Vixoleはベーシックタイプのほかに、「Plus」「OLED」タイプもある。

Plusはセンサーがビルトインされていて、歩数を計測したり、音に合わせてスクリーンの絵を変えたりするなど、より高度に楽しめる。APIもオープンなので、知識がある人はPlusをVRゲームに活用することもできる。

OLEDは文字通りディスプレイがOLEDで、こちらでは高解像度のビデオも飾れる。

・ベーシックは150ドルから

なんともユニークなこのスニーカー、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中。ベーシックタイプが150ドル(約1万6000円)、Plusは195ドル(約2万円)、OLEDは300ドル(約3万2000円)から。日本へはプラス30ドル(約3200円)で発送してくれる。

目標金額はすでに達成し、商品化はほぼ確実な情勢だ。出資はあと1カ月ほど受け付けるので、足元に遊び心を持たせたいという人は要チェック!

Vixole/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP