ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

変則登校続く愛子さま、頑なに避けられている昼食時間

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・目白の学習院大学正門前に、1基の信号機がある。11月11日の午後3時半、1人の警察官が信号機の前に立った。根元にある配電盤のような箱の鍵を開けて操作する。信号が「青」で固定された直後、2台の警備車両に挟まれ、愛子さまを乗せた白いワンボックスカーが正門の前を通過し、帰路についた──。

 その日の午後、愛子さまが通われる学習院女子中等科の生徒たちは、大学で課外授業を受けた。続々と構内へと入っていく生徒たちの中に、愛子さまのお姿はない。間もなく始まろうかという午後1時半過ぎになって、愛子さまを乗せた車が到着した。

「9月26日から長期欠席していましたが、11月8日に久しぶりに登校されました。ご体調は万全ではないようで、“6時限目だけ”といった変則登校。その日も午前中の授業はお休みになり、課外授業だけのご出席でした」(皇室記者)

 車を降りられた愛子さまは、前髪を左右に流し、後ろで1つにまとめられ、口元にはマスク。5人ほどの警護に周囲を固められながら、建物の中へと入られた。

「長期欠席前と比べて、歩くスピードがとてもゆっくりという印象を受けました。時折、足下を気にされるご様子もあって。一時の“激ヤセ”よりは戻りつつありますが、手足の長い愛子さまはいつも颯爽と歩かれていたものですから、まだご快復の途上であることを改めて感じました」(前出・皇室記者)

 課外授業は「芸術鑑賞会」で、1時間ほどの外国映画をご覧になったという。冒頭の「信号操作」は、愛子さまがお帰りの折のことだ。

「天皇皇后両陛下や皇太子ご夫妻がお車で移動される際には、綿密なスケジュールが組まれ、信号操作が行われるのが通常です。つまり、赤信号で停車されることはありません。しかし、愛子さまがおひとりの時には異例です。今回、特別に信号が操作されたのは、愛子さまが最近、極度に周囲の視線や報道陣のカメラに対してデリケートになられているからだそうで、愛子さま自身も車内で顔を伏せられたり、体勢を低くされたりすることもあるそうです」(宮内庁関係者)

 午前中のみの授業だった翌12日土曜日、愛子さまは4時限目のみ登校された。週が明けた14日月曜日には、午後1時に登校されると、5・6時限目の古文と英語の授業を受けられた。少しずつ学校での滞在時間も延びてきている一方で、頑なに避けられている時間帯がある。

「登校再開後も、昼食の時間に学校にいたことはありません。学習院女子中等科は給食ではなくお弁当制で、生徒たちにとっては授業の合間のリラックスタイム。仲のいい友達同士で机をつき合わせて、隣のクラスの生徒が遊びに来ることもあるんです。先生も教室にはいませんから、愛子さまにとってもとても楽しい時間でした。以前、生徒たちの間でお弁当にスープを持参することがはやったときには、愛子さまもメニューを雅子さまと相談され、魔法瓶で持ってこられたことがあったそうです」(学習院関係者)

 憩いだったはずの時間を、なぜ愛子さまは避けられているのか。

「11日に行われた宮内庁の会見で、“まだ多少のふらつきは残っていて、快復にはもう少し時間が必要である”という侍医の見解が示されました。愛子さまはまだ、胃腸にも不安を抱えられた状態なのでしょう。時間を制限して授業に出ることはできますが、これまでのようなお弁当のメニューのお昼が食べられないのかもしれません。そのため、“午後の授業のみ”といった登校の仕方が続いているのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 15日も、愛子さまはお昼の時間を避け、午後の授業のみ受けられた。一刻も早く、愛子さまに“日常”が戻ることを願ってやまない。

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
愛子さま 佳子さまのような格好したいと主張も雅子さまが反対
“いじめ問題”が解消の愛子さま 管弦楽部朝練にも積極参加
英語セミナー通われる愛子さま「トッシー」の愛称で呼ばれる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP