ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トランプ氏「喋り方はソフトで気配りの人」の好印象

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 次期アメリカ大統領に決まったドナルド・トランプ氏は、1980年代半ば頃から、「いつか大統領になる」と周囲に話していたという。

 その頃の彼にロングインタビューした日本人がいる。グローバルビジネスコンサルタントで一橋大学非常勤講師の植山周一郎さんはこう語る。

「『本当に日本人は頭がいいよね。私は日本人を尊敬する。それに比べてアメリカの政治家はバカが多い』と彼は言うんです。今思えば、当時から既存の政治に対しての不満を持っていたのかもしれません」

 自らの野望を実現させたトランプ氏とはどのような人物なのか?

 1946年、ニューヨーク生まれのトランプ氏は、生粋のニューヨーカーだ。父親は不動産開発業者で、トランプ氏は父親を「最も重要な影響を与えた」人物だと語っている。名門、ペンシルベニア大学を卒業後、父親の経営する会社に入社。25才で父親から事業を譲り受けた。

「トランプは酒もたばこもやりませんが、高級クラブに毎日のように通って経営者や上流階級の人脈を増やしていったそうです」(在米ジャーナリスト)

 そうした人脈を生かしてビジネスを拡大。1980年代にはビル・ゲイツやビヨンセも住んでいるという「トランプ・タワー」を筆頭に、「トランプ」の名を冠したホテルやカジノ、ゴルフ場などを次々に建設。「アメリカの不動産王」と称されるようになった。当時の印象を植山さんが振り返る。

「彼は190cmほどもある長身で、今よりずっとスマートでした。ハンサムで、まるでハリウッドスター。しかも愛嬌があり、喋り方も非常にソフト。言葉を選んで、相手を気分よくさせるようなコメントを必ず入れる、気配りのできる人でした」

 1990年代に入り、ビジネスの拡大に失敗。4度の破産に追い込まれ、多額の負債を抱えて「世界一貧乏な男」と呼ばれた時期もあったが、1990年代後半には「トランプ」のブランドを活用して再建。現在の資産総額は約3800億円といわれている。

 2004年にはテレビ番組『アプレンティス』の司会者を務め、歯に衣着せぬ発言で人気者になり、選挙活動のために2015年に降板するまで出演を続けた。“低俗”といわれるこの番組こそが、トランプ氏の顔をお茶の間に広め、下層労働者たちの支持を集める最大の要因だったともいわれている。

 自らメディアに出て行ったのは、その効果を彼が知るからだ。『トランプ自伝』の中でこう綴っている。

《人と違ったり、少々出しゃばったり、大胆なことや物議をかもすことをすれば、マスコミがとりあげてくれるということだ。私はいつも人と違ったことをしてきたし、論争の的になることを気にせず、野心的な取引をしている》

 選挙中、数々の過激な発言で騒がせてきたが、それもトランプ氏流のメディア戦略だったのだ。しかし、その一方で「暴言は単なるパフォーマンスではない」という見方もある。

「私にトランプを紹介してくれたアメリカの広告代理店の副社長に今回、連絡したら“ドナルドをよく知る立場からすると、彼は公約に掲げたことは絶対やろうと努力する。彼はそういう人間だ”と言っていました。トランプはとても頭のいい男ですから、実現のためにあらゆることをやってくるでしょう。ただ、強引にやるだけではなく相手側と話し合いながら着地点を見つけるのではないかと私は見ています」(植山さん)

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
トランプ氏に暗殺の危険性、JFKとの共通点も
トランプ氏 超格差社会から目そらさせ日中を悪者にする作戦
トランプ大統領誕生 大谷翔平の米国流出阻止できるか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP