ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知る人ぞ知る雄大な大自然を体感!一度は乗りたいアラスカ鉄道の旅

DATE:
  • ガジェット通信を≫


北アメリカ大陸の最西端に位置するアラスカ。これからオーロラのシーズンが始まりますが、ぜひオススメしたいのがアラスカを南北に縦断するアラスカ鉄道。車窓からは雄大な自然美や冬景色が楽しめるんですよ。
今回は、筆者自身が体験したアンカレッジからフェアバンクスまで約12時間の鉄道旅をご紹介しましょう。


11月のアンカレッジ駅。緯度が高いため朝7時でもまだ真っ暗。


出発は8時半。約半日の鉄道旅に胸が高まります。


車両は青と黄色のデザイン。アラスカ州のカラーでもあるのだそう。

■あわせて読みたい
オーロラも犬ぞりも!アラスカの温泉リゾートが最高に癒される
【アラスカ】青い光を放つ、全長約20キロの「氷の洞窟」が美しすぎる


車内は全席指定席でシートもゆったり。


ため息が出そうな美しさの夜明けの銀世界。2頭のムースが見えました。アラスカ鉄道では、名所や動物が見えると車掌さんがアナウンスで教えてくれるんですよ。


厳しい冬の寒さを感じさせる川。


こちらは食堂車。ハンバーガーやサンドウィッチ、パスタなどのメニューがありますがどれも手作り感があっておいしい! アラスカの冬景色を見ながらの食事は格別の味。


コーヒーカップはアラスカ鉄道のロゴ入り。くつろぎの一杯。


車窓には広大な針葉樹林。静かな冬の景色が心に染みます。


見所の一つでもあるハリケーン峡谷。峡谷を渡る橋の長さは280m、高さは90m。アラスカ鉄道の中で最も建設が困難だったそうです。


だんだん夜が近づいてきました。相変わらず周辺は静かな森ばかり。まるで銀河鉄道999のような気分にもなります。


出発から約12時間後、ついにフェアバンクスに到着! 駅舎は天井が高く、木の温もりにあふれます。
アンカレッジからフェアバンクスまで約12時間の鉄道の旅。約半日と長いものの、美しい冬景色、食堂車のおいしいご飯、車掌さんや同じ旅人との会話も楽しく、降りる時はちょっと寂しい気持ちにもなりました。

感動の自然美を体感できるアラスカ鉄道。
アラスカを訪れる時は、ぜひ乗車してみてはいかがでしょうか?

冬のアラスカ鉄道の運賃は片道190ドル。日本語で問い合わせ可能なHAIしろくまツアーズ」で予約もできますよ。

■あわせて読みたい
広がる雪景色が美しい。カナダのリゾート「マスコーカ」に心も体も癒される旅
【カナダ】スキーをしなくてもスキーリゾートに行きたくなる10の理由

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP