ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オールデン・エアエンライク、ハン・ソロのスピンオフ映画に若き日のチューバッカが登場すると発言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハン・ソロを主役とするスピンオフ映画の詳細は、デス・スター計画よりも厳重に守られている。

本誌は、若き日のハン・ソロを演じるオールデン・エアエンライクが、映画『Rules Don’t Apply(原題)』のプレミアに現れたところをつかまえ、『スター・ウォーズ』のスピンオフ作品について質問攻めにした。

エアエンライクは、ハン・ソロの起源を描くこの物語について、どの程度話すことが許されているか、ジョークを飛ばした。

エアエンライクは「ドナルド・グローヴァーがキャスティングされたことにとても興奮していることだけは、言ってもいいといわれているよ」とコメントした。テレビシリーズ『Atlanta(原題)』に出演しているドナルド・グローヴァーが、若き日のランド・カルリシアンを演じるという先週の報道を受けての発言だ。

「彼はとても才能があって愉快な男だから、役にはまると思う。あと、酷いネタバレにならないことを承知のうえで言うと、チューバッカが登場するとも言えるね」(エアエンライク)。

ということは、つまり、ファンは若いチューバッカを見ることになるのだろうか? 背の低いチューバッカを?

エアエンライクは「劇中のチューバッカは、僕と同じように若いんだ」とジョークを飛ばす。「だいたい190歳くらいだからね、彼は。190歳から210歳になる間に大きな成長は見られないと思うから、背は同じくらいかもしれないね」(エアエンライク)。

ソロの相棒であるウーキーの戦士が、『スター・ウォーズ』のエピソード3から7までその役を演じてきたピーター・メイヒューによって再び演じられるかどうかは、定かではない。

いまだタイトル未定のハン・ソロの姿を描くこのスピンオフ作品は、2018年5月25日の公開が予定されている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP