体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[Alexandros]、全国そしてアジアをまわる大型ツアーがスタート

エンタメ
[Alexandros]、全国そしてアジアをまわる大型ツアーがスタート

 [Alexandros]が、アジアを含む全国ツアー【Tour 2016~2017 ~We Come In Peace~】の初日公演を11月16日に神奈川県・横浜アリーナで開催した。

 先週発売されたニューアルバム『EXIST!』は、今週Billboard JAPAN HOT Albumsでも1位を獲得し、そのアルバムを携えて、全国15か所28公演、さらに香港・台湾・高雄・韓国のアジア4か所を周る。初日は約2時間半にわたって熱演を繰り広げ、勢いよくツアーをスタートさせた。

 ライブの頭から1時間近く畳み掛けるように演奏を行い、ようやく最初のMCへ。川上(Vo.&Gt.)が「ありがとう来てくれて! 改めまして[Alexandros]です。楽しんでますか? 横浜! 横浜アリーナ!! いや~我々この3人(川上・白井・庄村)は神奈川県民として最高にうれしいです!」と喜びをあらわにしたのに対し、磯部(B.&Cho)が「ちょっと待て! 一応おれも住んだことある。4人暮らしで! 神奈川出身では無いけども…」と寂しそうに呟き会場の笑いを誘った。また川上は「ツアーファイナルでやるようなこんな大きな会場で初日からやらせていただいて…。本当にみなさんのおかげでできました。ありがとうございます。」と喜びを噛みしめ、先週発売したアルバム『EXIST!』に関して「こんな、(いろんなジャンルが入ってる)よくわかんないアルバムが、こんな多くの人に届いて、そして聴いてもらえるなんて、本当に嬉しいを通り越してビックリです。」と感謝の意を述べた。

 ライブはニューアルバムの楽曲を中心に、フェスで人気の楽曲なども織り交ぜ、観客は瞬く間に興奮の渦へ。横浜アリーナという大きい会場を物ともせず、巨大なライブハウスに変えてしまった。

 「日本もそして海外を含め(ツアーをまわっていくのにあたり)いろんなところで、いろんなことがあると思いますが、一本一本大事にしていきたいと思います。今日初日だからと言って気を抜くことなく、ファイナルのような気持ちでやれました。まだまだ終わってませんけど、最後までファイナルだと思って挑んできてください。」と [Alexandros]らしい表現でツアーへの意気込みを語り、大歓声と拍手の中、ツアー1日目が終了した。

 なお【[Alexandros]『Tour 2016~2017 ~We Come In Peace~』】は国内とアジアのライブハウスやホールを約半年かけて周り、来年4月23日の千葉・幕張メッセ国際展示場までツアーを行う。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会