ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】Sexy Zone 初ベストALが10万枚目前で現在トップに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年11月14日~11月16日までの集計が明らかになり、Sexy Zone初のベストアルバム『Sexy Zone 5th Anniversary Best』が10万枚に迫る数字で現在1位に立っている。

 『Sexy Zone 5th Anniversary Best』は、Sexy Zoneのデビュー5周年を記念してリリースされた作品。今回の集計では、10万枚目前の94,632枚のセールスを記録している。週間での集計でどこまで売上げを伸ばすのかに注目したい。2位には、韓国のボーイズグループ、GOT7の初のミニアルバム『Hey Yah』がつけている。

 3位~5位は、約5,000枚差の中にひしめく混戦模様に。中島みゆきの20年振りのベストアルバム『中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』』が3位。4位は、高橋優の5thアルバム『来し方行く末』。5位には、DOBERMAN INFINITY『TERMINAL』が入っている。週末にかけての売上げで順位が変わる可能性は十分にある。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年11月14日~11月16日までの集計)
1位:『Sexy Zone 5th Anniversary Best』Sexy Zone 94,632枚
2位:『Hey Yah』GOT7 36,001枚
3位:『中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』』中島みゆき 18,926枚
4位:『来し方行く末』高橋優 16,436枚
5位:『TERMINAL』DOBERMAN INFINITY 13,845枚

関連記事リンク(外部サイト)

【深ヨミ】Sexy Zone『よびすて』 前作より初週セールス伸ばす、地域別売上げトップ10
【ビルボード】Sexy Zone『よびすて』が100,587枚売り上げ、シングル・セールス1位 ハイスタ累計20万枚超え
中島みゆき ベストAL&映像作品のトレーラー公開! タワレコ企画【オトナタワー】11月度アーティストにも決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP