ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『11月17日はなんの日?』ボジョレーヌーボー解禁日、全米ビルボードNo.1を記録した「赤ワイン」ソングとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月17日は、フランス・ボジョレー地区でその年に収穫されたブドウで醸造されたワイン=ボジョレーヌーボーの解禁日。かつて、ボジョレーヌーボーの解禁は11月11日、その後、11月15日に変更となったが、日付を固定すると土日にあたる場合があり、運搬や販売に影響がでるため、現在の「11月の第3木曜日」となったそう。日本は日付変更線のすぐ西側にあり、ボジョレーヌーボーの解禁日がいち早く訪れるため、近年、本場フランス以上の盛り上がりを見せている。

 ビルボード史に残る「赤ワイン」にまつわる歌といえば、イギリスのレゲエ・バンドUB40による全米No.1ソング「レッド・レッド・ワイン」。同曲はニール・ダイアモンドのカバーで、別れた恋人を忘れようと赤ワインにその願いを託す男の切ない思いが歌われている。UB40による「レッド・レッド・ワイン」は、彼らが1983年発表したカバーアルバム『レイバー・オブ・ラブ』(全英1位、全米8位)収録曲で、リリース当時は全米34位とイマイチふるわなかったものの、1988年に某ラジオ局のエアプレイをきっかけに全米で再発され、大ヒットを記録。発表から5年の歳月を経て、全米ビルボードNo.1に輝くという珍しいチャートアクションをたどったナンバーだ。

◎UB40 – Red Red Wine
https://www.youtube.com/watch?v=zXt56MB-3vc

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・ソング・チャート】レイ・シュリマーが自身初のNo.1に、ピコ太郎がTOP100圏内に再浮上
【米ビルボード・アルバム・チャート】ボン・ジョヴィが6作目の1位、アリシアやザ・チェインスモーカーズの新作がTOP10初登場
『11月15日はなんの日?』カーペンターズがデビュー作『涙の乗車券』を発表した日

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP