ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大回顧展「DAVID BOWIE is」開催に合わせてドキュメンタリー映画の再上映が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを総括した大回顧展「DAVID BOWIE is」が、2017年1月8日〜4月9日の期間、東京・寺田倉庫G1ビルで開催される。これに合わせて、2015年1月に劇場公開された本展のドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』が、2017年1月7日より全国の映画館で再上映されることが決定した。

2013年にイギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下、V&A)で開催された大回顧展は11月13日にイタリア・ボローニャでの開催が終了。世界9か国を巡回し、現在、総動員数150万人を突破した。この動員数は、164年の歴史を持つV&Aの巡回展として史上最多となる。全世界を沸かせる大回顧展がいよいよ日本に上陸する。

また、日本展の開催に伴ってドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の劇場公開も決定。大盛況となったロンドン・V&Aでの大回顧展の最終日に収録されたこのドキュメンタリー映画では、ロンドン展の模様を、大回顧展のキュレーターを務めたヴィクトリア・ブロークスとジェフリー・マーシュがカメラと共に会場内を回り、展示品のバックグラウンドを丁寧に解説・紹介していく。さらに、セレモニーに登壇した山本寛斎氏らゲストがボウイとの思い出を語っている貴重なシーンをはじめ会場に訪れたファンの感想なども収められている。

このドキュメンタリー映画は来場前の予習や来場後の復習として必見。また新たな見方や気づきも発見出来る貴重な内容になっている。既に映画を観た人からは、「解説が面白く、本物の展覧会が見たくなった」や「実際の展覧会だけではわからなかったところが深く理解できて、良かった」「ボウイのファンだけじゃなく幅広い人に見てもらいたい普遍的なメッセージをもった作品」などの声が寄せられている。

この異色のドキュメンタリー映画が日本展スタートの前日、2017年1月7日より新宿ピカデリーをはじめとする全国9館にて順次上映される。映画チケットは、2017年1月1日元旦に各劇場のウェブサイトなどで発売される。

デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」ドキュメンタリー映画予告編

映画情報
ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』
原題:『DAVID BOWIE is』
監督:ハミッシュ・ハミルトン(BAFTA受賞監督)
出演:ヴィクトリア・ブロークス、ジェフリー・マーシュ、デヴィッド・ボウイ、山本寛斎
尺:98分
製作国:イギリス
言語:英語
字幕:日本語字幕あり
日本作品情報:http://www.culture-ville.jp/about-dbi

東京・新宿ピカデリー 1月7日(土)〜1週間限定上映
札幌・札幌シネマフロンティア 1月7日(土)〜1週間限定上映
仙台・MOVIX仙台 1月7日(土)〜1週間限定上映
さいたま・MOVIXさいたま 1月7日(土)〜1週間限定上映
なんば・なんばパークスシネマ 1月7日(土)〜1週間限定上映
名古屋・ミッドランドスクエア シネマ 1月7日(土)〜1週間限定上映
福岡・KBCシネマ 1月7日(土)〜1週間限定上映
四国・西条市総合文化会館 小ホール 1月7日(土)13:00/18:00の全2回
高知・高知県立美術館ホール 1月10日(火)14:00/15:50/17:40/19:30の全4回

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP