ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KenKenも大いに納得!ポジティブに生きる秘訣って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(火曜担当ナビゲーター:KenKen)。11月15日(火)のオンエアは「挑戦者から学ぶポジティブな生き方」のテーマの2日目ということで、2組のゲストによる「人生をポジティブに変える方法」が紹介されることとなりました。

1組目のゲストは、吉本新喜劇の若き座長でお笑い芸人のすっちーさん。大阪のおばちゃんをイメージしたキャラ「すち子」でブレイクしましたが、実は元自動車整備士の脱サラ組。その後、お笑いコンビ「ビッキーズ」として活躍し、注目を集めるものの「コンビでの漫才の限界」を感じて解散。不安を抱きながらも新喜劇入りすることに。

当初は、座長をつとめる現在とは違って「笑いの違い」にカルチャーショックを覚え、「台本を見たときに、ちょっと照れ臭いな」と感じることもあったそうです。そのため、流し気味に稽古をこなしていたところ、先輩芸人の池乃めだかさんからさまざまなアドバイスをもらい、その通りにやってみたらお客さんたちは大爆笑。今のすっちーさんの活躍の裏には、大先輩からの貴重なアドバイスがあったようです。

そんなすっちーさん、もともとは「ものスゴく落ち込むタイプ」だったそう。しかし、性格が180度異なる奥さんとの出会いで前向きになり、今では「まあ、(滑っても)すぐ忘れます。反省はせなあかんけど、引きずったらあかんな」と考えるようになったんだとか。最後にすっちーさんはポジティブに生きることについて、人生を振り返る形で「自分を信じること」と話してくれました。

続いて、2組目のゲストとして登場したのは、「韻シスト」のメンバー、サッコンさんとTAKUさんの2人。98年に結成後、大阪を拠点に日本におけるヒップホップバンドのパイオニア的存在として、また、“ミュージシャンズ・ミュージシャン”として高い評価を得ているヒップホップグループです。

今年で結成から18年を迎えた彼らですが、順風満帆な毎日を過ごす現在とは違い、かつてはメンバーが脱退したり、「抜けたメンバーをどういうふうに埋めようか…楽器自体も減っているし…」などかなり悩んだそう。

こうした紆余曲折に直面しつつも、これまで彼らがポジティブに活動できた理由について、「これからの自分に賭けてみよう。これからのみんなで1つになって新しいものを作ろう。そういう気持ちに全員がなれて、同じ方向を向けたことが一番良かったかなと。結構、引きずられると重たくなる」とコメント。すっちーさん同様に、「引きずらないこと」が大切であると語ってくれました。

なお、番組では他にも、リスナーから寄せられた相談に、KenKenならではの珍回答を披露。大いに盛り上がりを見せました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP