ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【三軒茶屋】ハワイで人気の紫色のパンケーキ!口の中でとろける驚きの美味しさ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【三軒茶屋】ハワイで人気の紫色のパンケーキ!口の中でとろける驚きの美味しさ!

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

ふわっふわのパンケーキは口の中でとろけます!!「 カフェ&バル Y's」 三軒茶屋
紫色のパンケーキ。紫って、あまり食欲をそそる色じゃないですよね。でも、「すんごい美味しいから!!」とお友達に誘われて、みんなで三軒茶屋にある「カフェ&バル Y’s」まで行ってきました。三軒茶屋からがまた遠い。食べログには徒歩7分となっています。

ふわっふわのパンケーキは口の中でとろけます!!「 カフェ&バル Y's」 三軒茶屋
住宅街の中なので、ひときわ目立ちます。かわいい!! なんか一気にテンションあがります。店内もかわいい!!

ふわっふわのパンケーキは口の中でとろけます!!「 カフェ&バル Y's」 三軒茶屋
デトックスウォーターがあるだけで、女性はウキウキしちゃうのですよ。

ふわっふわのパンケーキは口の中でとろけます!!「 カフェ&バル Y's」 三軒茶屋
今回の目的はパンケーキなのですが、パンケーキだけ頼むなんてことはしないのです。まずは熟成ローストビーフ丼。

ふわっふわのパンケーキは口の中でとろけます!!「 カフェ&バル Y's」 三軒茶屋
光あるところに影があるように、甘いものは、しょっぱいものと対なのだ!! ランチのローストビーフ丼はサラダもセットになっています。

ふわっふわのパンケーキは口の中でとろけます!!「 カフェ&バル Y's」 三軒茶屋
サラダと言ったってオマケって感じじゃないのですよ。カラリと素揚げされた野菜が乗っていて、これとパンだけでも十分ランチになりそう。ニンジンのラぺもサラダとは、また味が違っておいしいです。ローストビーフだって本格的なのですよ。4人でシェアして食べたので、あっという間でした。1,480円。さぁ、これでパンケーキをお迎えする準備ができました。

そしていよいよ紫色のパンケーキ、ウベパンケーキの登場です!

■あわせて読みたい
今年もやっぱりパンケーキが好き。この厚みが幸せ!人気の行列店「雪ノ下」
【簡単レシピ】週末の朝食に!スキレットで作るりんごのパンケーキ
ふわふわパンケーキの中に果物が!食べると幸せになれる人気ブランチ

ウベパンケーキ

ふわっふわのパンケーキは口の中でとろけます!!「 カフェ&バル Y's」 三軒茶屋
1,280円。出ました!! ま紫!! この色は紫芋の色で自然の色なんですって。アントシアニンがいっぱい。とはいえ、おいしいとは思えない色。ひとくち食べると・・・うまいじゃないか!! いや、マジで!! マジでおいしい!! ソースはお芋というよりココナッツ風味。そしてメレンゲを使ったパンケーキはふわふわ!! 口の中で消えるようにとろけるのです。今までいろんなパンケーキを食べてきたけど、実はホットケーキとあまり区別がつかなかった。ここのは、本当にふわふわ。私、ひとりでこれ一皿食べられる!! この日は4人だからシェアしたけど、一皿どころか二皿食べられるかも。

レモンパンケーキ

ふわっふわのパンケーキは口の中でとろけます!!「 カフェ&バル Y's」 三軒茶屋
1,280円。夏に季節のパンケーキとして提供していたメニュー。人気がありすぎて定番のメニューになりました。レモンピールのみじん切りが入ったレモンのはちみつ漬け? 甘いのにほろ苦い・・・初恋の味か? これは?! パンケーキのまわりにははちみつ。バニラアイスも乗っていて超豪華。これは友達が勧めるわけだわ。連れてきてくれてありがとう~~!! 数種類パンケーキを食べたけど、私はやっぱりウベパンケーキが一番好き!! ちょっと駅から遠いけど、歩く価値ありのお店です。

ふわっふわのパンケーキは口の中でとろけます!!「 カフェ&バル Y's」 三軒茶屋
オリジナルブレンドコーヒーは500円。

[寄稿者:さとちん]
■あわせて読みたい
パンケーキみたい!人気カフェマメヒコ名物「円パンと塩バター」がおいしい
http://tabizine.jp/2016/03/23/65647/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。