ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

健康美人になるなら“ポリフェノール”はこの摂り方で!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

健康美人になるなら“ポリフェノール”はこの摂り方で!<br />

抗酸化力が高いポリフェノールは、美しくなりたい女性には必須の成分です。キレイになりたいから赤ワインを飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。赤ワインに含まれているポリフェノールはアントシアニンですが、実はポリフェノールには400種類以上もあり、さまざまな食べ物に含まれています。ここでは、効果的なポリフェノールの摂り方と、代表的なポリフェノールの美容・健康効果をご紹介します。

健康美人になる“ポリフェノール”の摂り方

ポリフェノールは抗酸化力が高く、美容の敵である活性酸素を除去することができます。活性酸素は、もともとは、細菌やウイルスなどから体を守る働きがありますが、必要以上に増えるとシミやシワなどお肌の老化につながってしまうのです。これは、体の外側から見た美容効果ですが、ポリフェノールを含む食べ物を食べるとそれが血液を通して運ばれ、血管自体をキレイにしてくれる効果もあります。

高血圧や心疾患など、健康習慣病のほとんどは血管の衰えが原因となることが多いものです。血管をキレイにするなら、ポリフェノールは肌に塗るよりも直接体に取り入れるのが◎ですね。また、ポリフェノールには水に溶けやすい特徴があります。水に溶けることで効果が高まるのですが、効果を継続させるには2~3時間ごとに摂取した方がいいのです。

代表的な“ポリフェノール”と健康・美容効果

赤ワインは“アントシアニン

赤ワインのアントシアニンは、ブルーベリーなどにも含まれている紫色の元となっている成分です。目の疲れにいいと言われていますが、肝機能や心機能の強化にも効果があります。ポリフェノールの効果を期待して赤ワインを飲むなら、熟成したものを選ぶのがベター。1日にグラス1~2杯が適量です。

コーヒーには“クロロゲン酸”が含まれている

意外かもしれませんが、コーヒーにはポリフェノールがたっぷりと含まれています。コーヒーのポリフェノールはクロロゲン酸。代謝向上や脂肪燃焼効果があるので、朝1杯のコーヒーはおススメです。クロロゲン酸は、ブロッコリーやセロリにも含まれています。

美肌にいい“りんごポリフェノール”

リンゴに含まれているのはりんごポリフェノール。健康にいいと言われるリンゴですが、リンゴポリフェノールには美肌効果だけでなく、抜け毛防止や発毛に効果的があると言われています。髪の毛に自信がなくなってきたという方は、りんごポリフェノールを試してみては?

チョコレートの“カカオマスポリフェノール

チョコレートに含まれるカカオマスもポリフェノールの一種です。疲労回復やストレス軽減効果がありますが、動脈硬化の防止、脂肪燃焼にも効果的と言われています。チョコレートを食べるのは健康のためにもいいのですね。ただし、カカオマスポリフェノールはミルクと同時に摂取すると吸収が妨げられてしまいます。選ぶならミルクチョコレートよりもダークチョコレートがベターです。

この他にもお茶に含まれるカテキンや、蕎麦のルチン、大豆のイソフラボンなどもポリフェノールです。ポリフェノールが含まれている食品はどれも体にいいと言われているものばかり。ただし、その食品ばっかり食べるのはやっぱりNG。いろいろな食品をバランス良く食べましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP