ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オオクボリュウ・宮澤謙一(magma)初の二人展「GRANDMOTHER」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


トーキョー カルチャート by ビームスは、2016年11月19日(土)から12月7日(水)の会期にて、 オオクボリュウと宮澤謙一 (magma) による初の二人展「GRANDMOTHER」を開催。 平面 / アニメーション作品を制作しているオオクボリュウと、アーティストユニット magma ( マグマ ) のメンバーとして、立体表現を得意とする宮澤謙一。 本展では、かねてから共通の趣味を通して交流のある 2 人が、ごく日常的なテーマやモチーフを元に、 イメージを共有しながら制作した平面作品、立体作品を発表する。会場では、展示作品をはじめ、「花瓶」をモチーフとしたソフビなど、オリジナルグッズの販売も行う。
初日の 11 月 19 日 ( 土 ) には 17 時よりオープニング・レセプションを行うほか、会期中は関連イ ベントを予定。

 

展覧会名:オオクボリュウ・宮澤謙一 (magma)「GRANDMOTHER」
会期:2016年11月19日(土) ‒ 12月7日(水)
【 オープニング・レセプション:11 月 19 日(土)17:00-20:00 作家来廊 】
【関連イベント:詳細は後日ウェブサイトにて発表 / http://www.beams.co.jp/tokyocultuart
営業時間:11:00-20:00
休廊日:木曜日
会場:トーキョー カルチャート by ビームス ( 東京都渋谷区神宮前 3-24-7 3F) Tel: 03-3470-3251

 

【アーティスト・コメント】
いつかの飲みの席で、謙一さんと「世の中には、消費され尽くされたモチーフやテーマがあるけど、 そんな事柄に目を向けたらどうなるんだろう?」という会話をしました。例えば、「机の上の花瓶」「緑 生い茂る山」「ファンシーな子猫」なんていう絵は陳腐すぎて、今まで積極的に描こうと思ったこと は一度もありません。でも想像してみたら、ああ、ちょっと見てみたいかも。
– オオクボリュウ

 

巨匠たちが描いた部屋の風景。
奥のテーブルの上には、花瓶に花が生けてある。
その佇まいに妙に惹かれてしまう。
こんな想いは、自分だけだと思っていたが、
共感してくれるオオクボリュウ君がいた。
背景の花瓶を手にとって、よく見てみたい。
– 宮澤謙一 (magma)

 

【プロフィール】
オオクボリュウ|Ryu Okubo
イラストレーター・映像作家。幼少期をアメリカ・ルイジアナ州で過ごす。2011 年にアニメーショ ンで制作したヒップホップグループ PSG の『寝れない !!!』が話題となる。イラストレーターとして 雑誌 POPEYE、BRUTUS、TRANSIT、Number 等で挿絵、細野晴臣の著書、ボブ・ディランのディ スクガイドの挿画、BEAMS-T での T シャツデザインを手がける。映像ディレクターとしては Mndsgn、斉藤和義、後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION)、group_inou、快速東京、 D.A.N. の MV をいずれもアニメーションで制作。その他東京メトロ広告、MTV、SPACE SHOWER TV SPOT やショップの内装アートワーク、ライブでの映像演出等、手描きのイラストを生かした活 動を展開。http://ryuokubo.jp/

 

宮澤謙一 | Kenichi Miyazawa
2008 年よりアーティストユニット “magma” として活動。樹脂、廃材、モーター、木などを様々な 素材を使ってコラージュする。キネティックアート・オリジナルプロダクツの制作を主とし、他、舞 台美術、アナログロボット、什器など幅広く手掛けている。近年は、ゆず「終わらない歌」Music Video(SPACE SHOWER MUSIC AWARDS にて VIDEO OF THE YEAR 受賞 ) の美術、アリーナツ アー “TOWA” ではタイトルデザイン、ステージセットに美術作品を提供。木村カエラ、サカナクショ ン、きゃりーぱみゅぱみゅなどの Music Video にて美術を手掛け注目を集める。他、ファッション ブランド FACETASM とのコラボレーションによるアクセサリーの制作や、keisuke kanda 新宿店 の店舗内装、東京ミッドタウンで開かれた「NHK E クリ」(2014) にて E クリハウス・什器の制作、
「TOKYO DESIGN TOUCH 2014」に作品提供するなど活動は多岐に渡る。原宿の ROCKET で初個 展「SHOCKTHEWORLD」(2010)、2016 年に池尻大橋の VOILLD で「SYMVOL」(2016) を開催。 現在開催中の KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭に出展 (11/20 迄 )。
http://magma-web.jp/

© Ryu Okubo, Kenichi Miyazawa(magma)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP