体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ありえない!日本人がミャンマーで驚いたこと5選〜ピン札の方がレートがいい!〜

近年目覚ましい経済急成長を遂げ、いま全世界から注目を集めているミャンマーという国。まだまだ手付かずの観光資源が眠り、「アジア最後の秘境」とも呼ばれるミャンマーですが、実は訪れてみると、驚くことやカルチャーショックも多いんです。今回は特に驚いたことを5つご紹介します。

1.日本車だらけ!

ありえない!日本人がミャンマーに行って驚いたこと5選〜タナカは美容の味方?〜

日本人観光客がミャンマーに到着したときにまず目につくのはその日本車の数! その光景は「ここは日本?」とでも言いたくなるほどです。一説によるとミャンマー国内で走っている車の80パーセント以上は中古の日本車だと言われており、筆者が訪れた際には北海道のローカルバス会社のバスもそのままの状態で使われていました。

そのためミャンマー国内には「東京行き」「札幌行き」なんて書いてあるバスが走っていることもしばしば。思い入れのあるバスが、遠く離れた地で有効活用されていると思うと嬉しいですね。

2.タナカってなに?

ありえない!日本人がミャンマーに行って驚いたこと5選〜タナカは美容の味方?〜

ミャンマー国内であればどこへ行っても見かける顔に泥のようなものを塗っている人たち。話を聞いてみるとそれは「タナカ」というもので、ミャンマー人には欠かすことのできない美容アイテムのひとつ。

実はこれはミャンマー熱帯地方に生えるミカン科ゲッキツ属の木の名前なのですが、日焼け防止だけでなく美白効果もあるので先祖代々タナカを塗る文化が受け継がれているんだそう。顔につけた直後にはひんやり清涼感があり、熱を冷ましてくれる効果もあるといわれているこのタナカ。暑いミャンマーで必需品として重宝されている理由がよく分かります。

3.ドル紙幣はピン札で!?

ありえない!日本人がミャンマーに行って驚いたこと5選〜タナカは美容の味方?〜

ミャンマーでは基本的に通貨のチャット(KYAT)でやりとりされていますが、事前に抑えておきたいのがミャンマーでの両替事情。普通ならほとんどの国で日本円を空港や両替屋で両替することができますが、ミャンマーの場合は出来る確率が極めて低いのが実情です。

両替する場合はドルからチャットという流れになるのですが、不思議なことに「お札の状態」でレートが大きく変動してしまうんです。そのため100ドル新札のピン札が一番レートが良いのですが、同じ価値を持つ紙幣でもすこし折れているだけで両替拒否されたりレートが悪くなってしまうので注意です。

お金の意識というものは各国さまざま。「ありえない!日本人が中国で驚いたこと3選〜救急車は呼んだ人がお金を払う!?〜」や「ありえない!日本人がイギリスで驚いたこと5選〜クリスマスのためにローン?〜」などでも紹介しましたが、日本との違いを実感します。

■あわせて読みたい
ありえない!日本人がベトナムで驚いたこと4選~牛乳がビニール袋で売られている~
ありえない!日本人がイギリスで驚いたこと5選〜クリスマスのためにローン?〜
ありえない!日本人がバーレーンで驚いたこと7選〜女子会はビーチで!?〜
ありえない!日本人がオマーンで驚いたこと16選〜卵の賞味期限が3か月!?〜

4.「外国人だから」が多い!

ありえない!日本人がミャンマーに行って驚いたこと5選〜タナカは美容の味方?〜

美しすぎる光景と穏やかな人の多いミャンマーという地は間違いなく訪れる価値のある場所。ただまだ観光については発展途上ということもあり、ほとんどの人気観光地では外国人から入域料を取る形で入域を認めています。それについては頷けますが、この外国人措置は宿泊施設にまで及んでいます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会