ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】空き家を有効活用しよう!全国空き家流通化サービス「カリアゲJAPAN」に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本には、空き家が多い。その数、およそ820万戸。すべての住宅に占める空き家の割合も、13.5%に上昇。(※)今後もまだまだ、増える見込みだ。

都市では空き家率が上昇すると、居住快適性が失われ、町が荒廃する危険性があるという。放火や空き巣といった犯罪も、懸念される。自治体も、頭を悩ませているところだ。

今回ご紹介するのは、そうした問題にスポットを当てた運営サービス。全国の空き家を流通化するプラットフォーム「カリアゲJAPAN」だ。はやりのマッチングサービスを軸に、空き家問題解決に挑む。

提供元のあきやカンパニーは、不動産管理業を中心に、事業を展開してきた気鋭の会社。代表取締役の内田 勝久(うちだ かつひさ)氏が、取材に応じてくれた。(※平成25年住宅・土地統計調査より抜粋)

・築30年以上の空き家を目的に合わせてフル活用

Q1:まずはさかのぼって、サービス提供のきっかけからお聞かせください。

自分たちで空き家を借りて改装し、運営し始めたのがきっかけです。その後いくつかの相談を受ける中で、自分たちでは借りられない物件(遠距離や用途が理由)が増えてきたことと、この仕組みを共有して、事業機会を増やしていきたいと、考えるようになりました。

同時に、当時全国で始まりつつあった空き家バンクを見ていて、もう少し一元化したサービスになったらいいのにと、はがゆく思っていました。そこで全部は無理だが、そのうちの数パーセントだけでも光を当てることができればと、サービスをスタートしたのです。

Q2:「カリアゲJAPAN」の中には3つのサービスが存在しますが、それぞれについて詳しく教えていただけるでしょうか。

「カリアゲ」は、築30年以上の空き家を、借主がそのままの状態で借り上げ、改修して活用するシステムです。空き家オーナーは、改修費用の負担なく物件を貸し出し、家賃収入を得ることができます。

「カリアゲJAPAN」では、こうした空き家の物件情報を、空き家マッチングサービス「カリアゲル」に掲載し、「所有する空き家を何とかしたい」というオーナーと、「空き家を使って何かを始めたい!」という借主との出会いの場を提供します。

また、空き家の借り上げを希望するオーナーの相談窓口「カリアゲテ」や、空き家活用のためのアイデアと知恵をシェアするメディア「カリアゲタ」も展開し、空き家活用を促進しています。

・一軒でも多くの空き家に光を当てたい

Q3:現在のサービス利用状況とユーザーからの反響について、教えてください。

現在は、空き家を貸したいというお客さまより、空き家を借りて何かしたい、という問い合わせの方が多い状況です。私たちのサービスが、空き家オーナーにきちんと届いていないということもありますが、(それ以前に)空き家を積極的に活用しようという人が、まだまだ少ないのだと思われます。

私たちのサービスは、日本全国を対象にしており、地方のカリアゲプレイヤーが対応しています。そのネットワークは少しずつ増えていますが、まだ対応できていない地域も多く、お客さまからの依頼にお応えできないのが実情です。

Q4:年々増加する日本の空き家。この問題解決のために、御社のサービスは今後、どのように発展していくのでしょうか。未来の展望を、お聞かせください。

地方では昨今、空き家を利用して、新しいビジネスや地元に根差した事業をスタートさせている人たちがたくさんいます。事業のスタートアップには空き家を「カリアゲテ」、自分たちで改装して、発信していくという取り組みはとても相性がよく、上手に活用している事例も多くあります。

私たちの役割は、こうした地方の事例や、プレイヤーのサポートをしながら、全国の空き家情報をあぶり出すことです。そして、日本中の仲間と知恵を絞って、一軒でも多くの空き家に光を当てていきたい、と思っています。

(取材・文 乾 雅美)

カリアゲJAPAN

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP