ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松田翔太と秋元梢 すでに2年の交際、隠す素振りもない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優・松田翔太(31才)とモデル・秋元梢(29才)のデートが、たびたび目撃されているという。

「翔太くんの行きつけのバーや飲食店でよく一緒に飲んでるみたいです。最近では、ふたりとも周囲には交際を隠すようなそぶりはなく、堂々としたもの。翔太くんは知人には『ぼくの彼女です』とハッキリ紹介しはじめたんです」(ふたりの知人)

 昭和の名優・松田優作さんと昭和の大横綱・千代の富士(元・九重親方、本名・秋元貢)を父に持つ「最強の2世カップル」の交際は、2015年4月にスポーツ紙で報じられたが、すぐさま双方が「仲のよい友達」と交際を否定していた。

 それから1年半あまり。この間、松田はドラマ『ディアスポリス』(TBS系)や映画『オーバー・フェンス』(今年9月公開)などに出演。携帯電話会社のCMでは桃太郎に扮して、大きな話題になっている。

 一方の秋元もラジオのレギュラーやファッションショー、イベントに加え、テレビのバラエティーへの出演など、多忙な日々だ。別のふたりの知人が言う。

「翔太くんと秋元さんの交際はもう2年ぐらいになるはず。ファッションや音楽にこだわりがある翔太くんは、同じようにセンスのいい秋元さんと気があったようです。ファッションのイベントやパーティーに一緒に出かけていました。

 ふたりとも基本的に放任主義で、お互いが何をしているかあまり気にしないタイプ。とくに秋元さんはショッピングやご飯もひとりで出かけるのが好きで、“あれ? 別れたのかな”なんて友人の間でも話題になったりしましたが、全然そんなことはない。翔太くんは『アイツは強いから、ひとりでも大丈夫』なんて話していて、本当に信頼しているみたいです」

 松田との交際を始めたすぐ後に、秋元は父親に「彼氏」を紹介しているという。

「現役時代からとにかく厳格な父親で、家族仲もよかったので、交際相手をきちんと紹介するのは自然な流れだったんでしょう。それでも梢さんに松田さんを紹介された親方は、とても喜んでいたそうです。松田さんって今どきの男の子っぽいけど、実はすごく真面目で、筋を重んじる青年だそうですね。親方は丁寧にビシッと挨拶した松田さんを気に入って、“いい男を連れてきたな”とご満悦の様子でした。目尻を下げた親方には、周りも驚きましたけどね(笑い)。

 もっとも梢さん、最初は女将さんに松田さんを紹介したみたいです。梢さんのことは『こず、こず』と呼んで驚くほど優しかった親方ですが、あれだけ周囲には怒鳴る父親だから、いきなり彼氏を紹介するのはやっぱり怖かったのかな。それにしてもあの親方に堂々と挨拶できるなんて、松田くんも男気を見せたというか、肝が据わってますね」(千代の富士をよく知る角界関係者)

 2015年6月、九重親方にがんが見つかる。緊急手術を受けたものの、今年7月上旬、体調は目に見えて悪化した。最後の気力を振り絞り、周囲に「娘の誕生日までは、踏ん張る」と語っていた。

 梢の誕生日は7月27日。親方は集中治療室に運びこまれ、意識がほとんどなくなっても、土俵際でギリギリまで粘り、梢の29才の誕生日を病室で祝った4日後に旅立った。悲しみにくれる秋元に寄り添ったのは松田だった。

「仕事の合間に病室を訪れた秋元さんに、お父さんは『おれのところに来るくらいなら、仕事をやりなさい』と声をかけたこともあったそうです。父親の姿を見て、動揺する秋元さんを、翔太くんは近くから励まし続けました。最近、仕事中でも秋元さんに電話している翔太くんの姿がよく見かけられていました。彼女のことを、心配してたんでしょうね」(前出・知人)

 親方の闘病中から、ふたりの関係はより親密になったようだと、ふたりを知る知人は振り返る。

 夜風に冬の訪れが強く感じられた11月中旬の週末のことだ。細身のデニムに黒のブーツ、赤いセーターの上に黒のロングコートを着込み、黒縁のメガネをかけた秋元は、都内の寿司店で食事をしていた。その席が終わるとすぐ、マスクをかけ、ひとりタクシーに乗り込んだ。

 途中でスーパーに立ち寄って食材を買い込んだ後、車は近くのマンションに向かった。そこは、松田の住むマンションだった。翌日の昼前、秋元は松田のマンションまで迎えに来た車に乗り込み、ラジオの生放送の収録へと向かった。

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
松田翔太が深夜のクラブで美女とイチャイチャ腰にパコパコ
美人女子大生が斎藤工にLINEで誘われた一夜を告白
大谷翔平の将来のお嫁さん 女子アナは是か非か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP