ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

産み分けどうする?我が家の“できる範囲”の産み分け対策、そして母が語った衝撃の事実 by あね子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。あね子です。 前回のエピソード:余計なお世話!?親族とのお約束の会話「2人目はどうするの?」に思うこと

効果があるのか無いのか!?世の中に産み分けに効くと言われている方法はいろいろあります。タイミング、サプリメント、産み分けゼリーなどなど…。

中には年齢と妊娠した月で割り出す産み分けカレンダーなるものも!(それって占いに近いのでは…)

費用もかかるので、我が家はできる範囲内でチャレンジしました。

結果は希望通りにはなりませんでしたが、何もせずに後悔するよりはやってよかったです。

実は「2人目どうするの?」の話より、産み分けに関しての方が周りにいろいろ言われるのが嫌でした。

「男の子ができるお母さんの方が性格がハッキリしている」とか。そんなの絶対科学的に根拠無いよね!?っていう話をされたり。しかも性格なんて変えようがないし。

あとはなぜか私の父のせいで男の子が生まれないみたいな話を身内にされたとき。

かなりイラッ!!としましたね(笑)

関連記事:年子?2歳差?3歳差…?我が家に最適なのは何歳差なのか、周囲にリサーチしてみた

あね子

1985年生まれ、神奈川県出身。2010年に長女メイ子、2014年に次女マイちゃんを出産し2児の母になる。2人の育児を綴る漫画ブログ「いっちょまえ姉妹を育てています」で人気を集める。ペンネームの由来は自身が三姉妹の長女なので。ちなみに妹2人はプロレスラー。

『正直 余裕はありません。』(KADOKAWA)

大人気ブログ「いっちょまえ姉妹を育てています」作者による、完全描き下ろしのデビュー作。迷いも悩みも素直に描いた、苦労は10倍、楽しみは無限大(!?)のドタバタ出産&育児コミックエッセイ!

関連記事リンク(外部サイト)

38週で消えた胎動…泣き声を聞けなかった辛い出産。新しい命のために強くなりたい
妊娠20週で破水!? 状況の深刻さを実感し、涙が溢れて止まらなかった
我慢する事と大変さ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP